<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

捨てる旅 最終回 こんどこそガウディに会うのだ

前回も書きましたが、今回の旅において最大の目的は、「ガウディに 会う」と言うものでした。

 そして最終日を迎えた朝、ホテルを飛び出して一路サグラダ・ファ ミリアへ。

 地下鉄の階段を上がると目の前にそびえ立つベルタワーが圧巻であ ります。

e0065906_17303452.jpg


 チケット売り場を探して入場。
平日の朝とあってか、まだ人の姿も少なく空気も清々しいものでした。
建設現場では作業が始まっていました。

e0065906_1731112.jpg


 お約束のベルタワーへのエレベーター乗り場へ。
前日は長蛇の列がありましたが、さすがに朝一番ですと待ち時間ゼロであります。

 一人2ユーロはエレベーターの中で支払い300フィート上昇し ます。

 まさにバカと煙はなんとやらでありますね。。。

e0065906_1732230.jpg

(教会中央部のベルタワーの根本になる部分だと思います)

眼下を見下ろすとクルマや人が小さく見える。。。(当たり前ですが)
身を乗り出せば、へたをすると墜落もあるだろーなぁなどと思いつつ
、周囲を見渡しておりました。螺旋階段を少し上ると見晴らしイイ場
所があります。

e0065906_17324467.jpg

(遠くにこのようなビルが見えました。夜になるとブルーに輝きます)

 ベルタワーとベルタワーを繋ぐ空中回廊のような場所でしょうか、
隣のベルタワーへ移動できます。

e0065906_17332058.jpg

(ベルタワーとベルタワーの間から見上げるとこのように見えます)

 ちょいと見下ろすと、若いグループと目が合いました。
フランスからの修学旅行生のようでした。カメラを向けて「撮っても
いいかい?」と聞くと、すかさずポーズを決めてくれます。良い子達です。(^^;)

e0065906_173416100.jpg

(フランスの高校生達)

 それにしてもガウディという人は、なんでこのような壮大な計画を
打ち立てたのでありましょうか。。。完成は予定より少し早くなって
2026年だそうです。

 それと今頃になって、スペイン当局はこのサグラダ・ファミリアの
建築が違法建築だと言い出しているそうです。。。。日本の建築行政
もいい加減だと思ってましたが、この国も今まで黙認してきたのは何
ででしょうか。。。。

 また、この建造物の地下近くにAVEのトンネルを通すの通さないのと
揉めているようです。

まぁ、そんな事は私の考えの及ばないところの話ですので聞き流す事
にいたしましょう。

 ご存じ、この建造物の東側が御生誕の門と呼ばれております。
この門の彫刻を担当したのが、日本人「外尾悦郎氏」であります。
かつて「違いのワカル男。。。」とか言ってコーヒーのコマーシャル
にも出ておりました。

 最近の外尾氏は非常に多忙とあって現場に出ることが少ないとか言
っておりました。

 ベルタワーから螺旋階段をぐるぐる下りて地上に降りて、再びベル
タワーを見上げます。

 有機的な建造物には生命さえ感じます。もう一度だけ御生誕の門を
くぐり中に入ろうとしたその時でした。

 私の左方向の作業現場から見たことのある人物が数名の作業員を
引き連れてやって来ました。

 ヘルメットに黄色と黒の作業服に身を包むその人は。。。。。

なんと「外尾悦郎氏」でありました。

「外尾さんですよね!」と思わず声に出してしまった私です。

 その外尾氏らしき人は知り合いにでも呼びかけられたかと思った
のか、首をかしげておりました。

 「お写真を一枚撮らせてください!」と申し出ますと「いいです
よぉ!」とはっきりとした声が教会の建築現場にこだましておりました。

 その時の一枚がこれです。

e0065906_17352777.jpg



 スペインにおいて、最終日に外尾氏に出会えた事が、僕にとっては
ガウディに会えたと思えるほどのモノでした。

 心より外尾氏に感謝いたします。  (終)
by woodstove | 2008-05-18 17:36 |

捨てる旅 その10 バルセロナの休日

今回の旅において最大の目的は、「ガウディに会う」と言うものでした。
 勿論、彼はとうの昔にお亡くなりになっておりますが、その作品に
少しでも触れられたらという思いがありました。

 しかし、観光ツアーと言うヤツは不満がつのります。
土曜日の朝にバルセロナに入り、そのままバスに乗せられての市内観光 です。
どれもじっくりは味わえません。

 土曜日はサグラダ・ファミリアはオープンしてはおりますが、現場 作業はお休みです。
 ベルタワーを上がるエレベーターも2時間待ちと言ったありさ ま。。。。
 
グエル公園なんぞは、大勢の観光客で溢れかえり、まるでお祭り騒ぎ。。。。

ここで思った事は「スペインは儲かっている!!」でありました。

 で、気を取り直し後日、またゆっくり廻ろうと考えたわけで。。。
翌日の日曜日は、バルセロナ現代美術館やらバルセロナ水族館や町歩きを楽しみました。。
バルセロナ現代美術館では、お洒落なゲイのカップルが美術鑑賞を楽しんでおりました。
写真に収めたかったんですが、ちょっとタイミングを失ってしまい残念。

e0065906_1713076.jpg

(美術館の窓が美しかったので)

 お昼は地元のスペイン人で賑わうピッツェリアで。

歩行者天国となったストリートはパフォーマーがあちらこちらに居て楽しめます。

e0065906_1714527.jpg

(全く動かないだけのパフォーマンス)

 水族館に向かう途中、広場でバンドのライブがありました。
今様なラテンの曲を演奏しておりましたねぇ。。。

e0065906_171543.jpg

(終わりにはCDの手売りをしてました。)

 さらに歩いていくと、木製の潜水艦が展示されてましたよ。
これはちょっと心が躍ります。

e0065906_17155626.jpg

(木製の潜水艦ですけどね)

e0065906_17162667.jpg

(ラダーの部分です)

e0065906_17165914.jpg

(潜水艦の銘板です)

 さてと、目的の水族館ですが、ゲートから入場するんですが、なん
やら紙で描かれたタコや魚が。。。。大丈夫か?などと疑いつつ前に 進みます。

e0065906_17175586.jpg

(なんか学園祭ののり?)

 すると現れたのは、ごく普通の水槽展示でありました。
それも私らにしてみたら大衆魚が多いこと。。。。まるで活け魚料理 店の生け簀の
ようでもありました。。。。(^^;) 

e0065906_17185360.jpg



 このままでは、あまりにも普通の水族館ではないか!!と思うでしょ。。。

やはり目玉は大水槽であります。直径約20メートルほどありましょ うか。
円筒の水槽です。ここまではどこにでもありますが、この大水 槽の中にガラスの
チューブがありお客さんは、チューブの中から魚を 観察するのです。。。
しかし、そんなのドコにでもありますよね。。。。

 ただ、違うのはそのチューブの床が動く歩道となっております。
それは回転寿司のコンベアを巨大化したものでして、人間が寿司状態 となって
お魚の前を回転していく仕掛けとなっております。

 家族ずれで来ているスペインの人達は「ミラ!ミラ!ミラ!」と子 供に言ってます。
「ほら見て!見て!見て!」という事らしいです。

e0065906_17194339.jpg



 この日は休日のバルセロナ人々の、のんびりとした過ごし方を見て おりました。

本日はオチはありません。。。(^^;)
by woodstove | 2008-05-18 17:22 |


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

「森のストーブ」のインストール
at 2019-10-06 06:35
薪ストーブを作る動画を作って..
at 2019-08-18 14:49
工房のお引越し
at 2017-10-22 08:31
うれしいお便り
at 2017-04-21 06:59
冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2019年 10月
2019年 08月
2017年 10月
2017年 04月
2017年 02月
more...

フォロー中のブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっ...
PADDLER'S LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(216)
(205)
(205)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧