タグ:京都 ( 8 ) タグの人気記事

京都で見つけた秋。。。。


e0065906_12234182.jpg

 大徳寺の境内にて、秋を見つけた。。。。


e0065906_12244496.gif
by woodstove | 2010-09-26 12:25 | | Trackback | Comments(0)

カレーうどんは、うどん類から独立するべきだと思うのね。。。

 最近、常々思うことがある。。。。

 「カレーうどん」の所属及びその立場について考える事がある。
カレーうどんが好きで、たびたびカレーうどんを追いかけてみたりしていると
気がつくことなのですが。。。。

 カレーうどんを売りにしているお店は沢山ある。
そおいうお店では、ふつーの素うどんを食べる人は少ないと思う。

 で、昨日行った京都のお店もカレーうどんで有名なお店なのだ。


e0065906_2039238.jpg

 「しみず」というお店。 
京都の人なら、ほとんど知っているのではないだろーか。
平日の京都に行く機会があれば、できるだけ立ち寄る事にしている美味しいお店なのです。


e0065906_20421142.jpg

 小さなお店だから、この日も満席で、外で待つ。
夏のカレーうどんを攻略する時の心得として、首にタオルをオススメする。
エアコンが効いているとは言え、カレーの刺激は必ず発汗を強烈に促すからである。
 
 額に汗していただく夏カレー。。。。これぞ日本の夏カレー。。。うどんだけど。。。(^^ゞ


e0065906_20432510.jpg

 席が空くまでの間、お店の外にある看板なんぞを撮影する。
この看板を見るだけでも、そのお店の実力が計り知れるのだと思う。。。。と思う。(^^ゞ

 風雪に耐えてきた看板にこの店の歴史を読み取る事ができるのだ。
大昔は、どこにでもあるうどん屋さんだった聞く。
だからであろうか「丼物 一式」と書かれている。今でもメニューには丼物が並んでいるが
それらを注文する客はほとんどいない。


e0065906_20462268.jpg

 10分ほど待っただろうか、やっとお店の中に入ることができた。
壁にあるお品書きも味わいがあり、「カレーうどん」との対面の期待が高まる。

 ここで注意すべきは、先客達の食べる「カレーうどん」には視線を落とさないようにする事だと思う。
出来ることならば今日対面する「カレーうどん」だけをお初に見たいからなのだ。(^^ゞ

 そしてこのお店「しみず」の最大の魅力は、このお品書きを自由に組み合わせる事が出来るって事だ。

トップにある「カレー肉うどん」を卵とじにする事もOKであり、さらにキツネをトッピングする事も可能なのだ。
 当然の事ながら、そのトッピングでお値段は変わるが、自分用にカスタマナイズされた「カレーうどん」を
組み立てて頂けるのは実に嬉しい事だと思うのね。。。。(^^ゞ

 ちなみに筆者がオーダーした「カレーとじ肉うどん」は150円増しの850円となる。

 そしてこのお店のうどんの麺のタイプだが、讃岐とは違い京うどんと言った感がある。
讃岐が男性的であるとすると、この京うどんは女性的であると思われる。
 
 麺が丼の中で「よろし おすえ~。。。。」と体をくねらせているような誘惑に満ちた食感が楽しめるのだ。

7分ほどして、本日の作品「カレーとじ肉うどん」の登場となる。。。。なんと長い道のりであったであろうか。。。


e0065906_216662.jpg

 うどんの姿はカレーの中にあり見えてはおりません。
立ちのぼる湯気の中には、確かな鰹出汁の香りが舞踊るのである。

 割り箸を手に取り、まずは合掌。。。。そして割り箸をパチンと割り、めくるめくカレーうどんの世界に
突入するのです。
 
こうして、京の至福の「カレーとじ肉うどん」の物語は始まるのでありました。。。。(^^ゞ


e0065906_21213757.gif
人気ブログランキングへ
↑よろしかったらポチっとお願いしますね。。。。^^;
by woodstove | 2010-08-14 21:22 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(10)

週末は京都でした

 先週末は京都におりました。
朝からタイトなスケジュールを組み、慌ただしく過ごした京都でしたので
まったりとした時間をあまり味わう事がございませんでした。

 ですが、以前から気になっていたレストランへは絶対に行きたいと考えておりました。
そのお店はこの方のブログにも紹介されていてとても良さそうなのでありました。

 お店の名前は「ティオぺぺ」。
スペイン料理のお店です。

 北白川のお店には11時に到着してしまいました。
だけどオープンは11時半。。。。(^^ゞ
これから30分も待つなら妻の両親も誘ってみようと電話をしました。
そうしましたら「行きたい!」との色よいお返事。 クルマでお迎えに向かいます。

 再びお店に戻りますと、ジャスト11時半!!
お店へは一番乗りでありました。。。。が! ウェイターさんが申し訳なさそうに
「シェフが買い物に出ておりまして、12時には戻ると思いますが。。。。」とおっしゃるではありませんか!

 さすがスペイン料理のお店です。
開店時間もゆったりノンビリでありますね。。。。(スペイン方面の皆様、ごめんなさい。) (^^ゞ
 
 そうしておりましたら、先ほどのウェイターさんが小皿にオリーブの塩漬けを入れたモノを
テーブルに運んでくれました。 「これで、しばらくお待ち下さい」と。
 写真は撮り忘れてしまいましたが、実に美味い3種のオリーブでした。
それと、そのウェイターさんが誠にニコヤカなイケメンでありましたので、妻の母は上機嫌。(^^ゞ

 やがてシェフもお店に戻り、本日のランチをオーダー。 
そこから調理が始まります。

 最初に出てきた小皿がコレ。

e0065906_19442528.jpg

 タコのマリネと言いましょうか。酸味もほどよく、食欲をかき立ててくれますね。

 続いてサラダの登場。

e0065906_1947523.jpg

 少々光りの量が少なかったので、野菜の鮮やかな色は再現できておりませんが、
フレッシュな野菜の盛り合わせでありました。

 そして私のメインのオーダーはコチラです。

e0065906_19504343.jpg

 チキンのトマトソース仕立てです。 量もたっぷりありお味も誠にヨロシイ。

 両親が頼んだのは「鱈のクリームソース仕立て」。

e0065906_1953175.jpg

 こちらも味見をさせていただきましたが、誠に美味。。。。最後まで飽きない味を楽しませて
いただいたようです。 お皿にはクリームも綺麗にいただき、何も残っておりません。

 メインと同時にパンが運ばれてきました。
そのパンも外側は香ばしく、中はしっとり。思わずオリーブオイルをお願いしましたら
これまた小鉢にたっぷりと入れて運ばれてきましたよ。(これもサービスでありました) (嬉)

 〆にコーヒーが運ばれまして、ランチの余韻を楽しむ事もできました。

 店を出る前に母がシェフにお礼を言うと、お店の外までお見送り。

 そうしましたら写真を撮りましょうって事になりまして。。。。 
私の馬鹿面はさらっと見るだけにしてください。。。。。。(恥)

e0065906_200213.jpg

 最近、運動不足のせいかやや太ってしまいました。写真ってむごいですねえ。。。。(^^ゞ

 この日の夕方、このお店を教えてくれたnobukouedaさんの個展会場へ。
突然の訪問でしたので、驚かせてしまいました。。。。。(^^ゞ
今回は版画作品がメインでした。 どれも展示方法が独創的でnobukouedaさんの世界が
広がっておりました。。。。。
このアト、フランスで個展をなされるとか。。。実に精力的な作家さんでありますね。
そのパワーを、少しでイイです。分けていただきたいと願うのでありました。。。。(^^);


 最後になりましたがお店の紹介です。
http://www.geocities.jp/tiopepeuohp/
このサイトにて詳細をお確かめくださいね。


e0065906_2052122.gif
by woodstove | 2010-05-29 18:00 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(12)

初見物。。。。

 1月1日 京都に到着。
そして2日は、ナニカ美しいモノを見たいと思い、宇治へと向かう。

 宇治と言えば、お決まりの平等院。
思えば小学校の修学旅行以来である。。。。(遙か昔なのね) ^^;

 普段は10円玉でお目にかかる建造物。
e0065906_1455774.jpg

こうして実物を見ると、昔見た記憶より小さく見えた。。。。なんでやろ?

e0065906_1474252.jpg

 屋根の鳳凰が初春を迎えているようにも見えた。

 見学コースの最後には、平等院ミュージアム鳳翔館があり、この鳳凰の
複製が展示してあった。

 その作りは複数の部品からできていて、リベットで組み立てられていた。
およそ千年前の職人が作り上げたモノ。 ただただ圧倒されるばかりである。
e0065906_14175617.jpg

 この鳳凰もまた財布の中にある。
福沢諭吉の裏側にあるけど、あんまりしっかりと見た事が無かった。。。^^;

e0065906_14323418.gif
人気ブログランキングへ
↑よろしかったらポチっとお願いしますね。。。。^^;
by woodstove | 2010-01-04 14:35 | | Trackback | Comments(8)

薪ストーブの 『火入れの日』と偶然。。。。

 先週の9月25日。再び京都に向かっておりました。
今年の7月に設置した薪ストーブに火入れを行うためなんです。

 この日の午後、京都は京北町に到着。
到着してから気がつきました。。。。。カメラを忘れてしまいました。。。。おひおひ ^^;

 ですから、ここにある画像はある方の火入れ前の頂き物なんです。

e0065906_17483562.jpg

 ゆったりとした炉台。 もちろん段差はありません。
背後の壁面はRC構造です。 これなら防火は完璧です。


e0065906_17504362.jpg

 背後に回ると、吹き抜け空間に階段があります。
この階段も暖気がスムーズに流れるように考えられております。


e0065906_17523381.jpg

 吹き抜け空間の天井には、シーリングファンが回ります。
2階に上がった暖気もこれで攪拌され、室温を一定に保ちます。


e0065906_17551190.jpg

 この眺めがボクは好きです。
ちょうどキッチンからの眺めとなります。
キッチンで調理をしながら、薪ストーブの様子がよく分かります。
これって大切な事なんですよ。

 火入れを無事終えて、翌日は母校京都S大学での会議がありました。
会議の前にお世話になった教授にご挨拶です。

 実は、この薪ストーブのある建物の設計は、母校のH山教授でありました。

 この事は、薪ストーブをご注文していただいたお客様から後になって
知らされたんです。 こんな偶然もあるもんですねぇ。。。。^^;


e0065906_1825455.gif
人気ブログランキングへ
↑よろしかったらポチっとお願いしますね。。。。^^;
by woodstove | 2009-09-29 18:03 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(10)

クラマをクライムするのだ。。。。。

先日の事。 京都へ向かう。 それも午前5時台に出発。
案の定、滅茶苦茶早く京都に到着。。。。。

 少しだけ観光気分を味わおうと考えて、目的地を鞍馬と定める。
一昨年の正月、この鞍馬を目指したが駐車場が満杯で断念せざるをえなかったのだ。

 鞍馬の山門前にもすんなりたどり着く。 まだ観光客もまばらでありました。
鞍馬は山深い場所とあってか、空気はひんやりとして気持ちよい。

 お一人様200円を払うと案内図が書かれたペーパーを手渡された。
ラフなイラスト仕立てだったので、全体の距離などワカラナイ。。。。(予習と言うモノもしてこなかった)


e0065906_8142148.jpg

 わずかな予備知識としては「木の根っこ」が露わになった「木の根道」というのがあるらしい。。。と言った程度でした。。。(^^;)


e0065906_8162347.jpg

道の傍らには、このような植物が生い茂っております。 看板には猿や熊や
マムシに注意とあります。。。(^^;)

道は階段が続きます。。。それもかなりの急登です。

e0065906_818353.jpg

 
 
 本殿を過ぎて、さらに進むとやっと見えてきましたよ。

e0065906_8201629.jpg

 「木の根道」です。 ここで若き牛若丸が修行を積んだとか。 
辺りを見渡すと、手つかずの原生林です。樹齢数百年といった樹木が森を創っています。
倒木もありますが、朽ちるのを待つばかりです。

 さらに道を進むと。。。。

e0065906_8224181.jpg

このような竜が暴れたような樹木に出会えます。
造形的にも迫力満載です。

 歩き出してから1時間半ほどで、道は「貴船口」に到着です。

ここからバスで叡電「貴船」に向かい、さらに電車で「鞍馬」へ戻ります。

e0065906_8283945.jpg

 いまではこのような新型車両が使われていますが、ボクが学生時代に乗っていた
車両はコチラです。。。。

e0065906_8295235.jpg

 このレトロ感溢れる車両も復活してもらいたいですよね。。。。

 で、今回の鞍馬縦走ですが、涼しいとはいえ全身汗びっしょりでした。
ここは温泉にでもつかって汗を流したいので、温泉を目指します。
近くの鞍馬温泉も良いのですが、今回は nobukouedaさんが紹介してました「大原温泉」へと向かいます。

 大原に到着すると、目の前にどこかで見た光景が!!
それは、彫刻家 nobukouedaさんのご自宅でした。 以前、彼女のブログで見た光景が
そのまま目の前に現れたのですから、驚きましたよ。

 しかし、まずは温泉で汗を流し、身なりを整えて nobukouedaさんのお宅へ。

ほんまに突然の訪問で、誠に申し訳なく思ったのですが、そこは nobukouedaさんの
おおらかなココロに甘えさせていただきました。(^^;)

 夏にあっても大原の爽やかな風が流れる nobukouedaさんのリビングでいただいた
コーヒーとスィーツ。。。。 疲れた体にはとても優しいモノでございました。(^^;)

  nobukouedaさん 今回はほんまにありがとうございました。。。
この場を借りてお礼申し上げます。

次回は、我が家にお越しくださいませ。。。。。(´▽ `;)>

人気ブログランキングへ
↑よろしければクリックしてくださいね。

e0065906_8415088.gif

by woodstove | 2009-08-15 08:41 | | Trackback | Comments(10)

京都でおうどん。。。。をば。

 先日の日曜日は京都にいた。
月曜に仕事が京都であるので、一日早く京都入りしたのです。

 そうしましたら、便乗型ちゃっかり娘が同行すると言うのです。(^^;)

 で、どうせ行くなら「観光がしたい!」と娘が言うので、久しぶりの京都観光とあいなりました。

e0065906_12421971.jpg

行き先は、もっともポピュラーな場所、清水さんです。

e0065906_12431195.jpg

 新型インフルエンザの影響で影を潜めた 
修学旅行生もぼちぼち戻った感じの土産物屋さん。

e0065906_12442110.jpg

京都らしいと言えば京都らしいですが、なんだかテーマパークのような雰囲気ですねぇ。

e0065906_12452655.jpg

これまたお決まりのショットです。。。。(^^;)

 で、肝心のお昼は四条に戻りうどん屋さんへ。。。。。

 鴨川近くにある小さなおうどん屋さん「おめん」どす。。。。

e0065906_12472394.jpg

これと。。。

e0065906_1248086.jpg

これが薬味となります。

e0065906_12485493.jpg

 この天ぷらが絶品でして、万願寺と鱧と賀茂ナス、そして南瓜がお行儀良くならんでおります。(^^;)

 で、メインディッシュの。。。。

e0065906_12503137.jpg

お皿にのったおうどんとお出汁。。。。実に美味いのです。 ココのお味は。。。。
やっぱり京都はおうどんにかぎりますなぁ~。。。。。(^^;)

人気ブログランキングへ
↑よろしければクリックしてくださいね。

e0065906_1252048.gif
by woodstove | 2009-06-24 12:52 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(12)

求む!あじゃりもち!(阿闍梨餅)

 京都に行くとなると妻からのオーダーが入ります。

「あじゃりもち こうて来て!」とおっしゃるのです。

 京都生まれの京都育ちの妻でありますから、故郷の味が恋しいのでしょうねぇ。
洋菓子ならバイカル。お豆腐とお上げは妻の実家の近所のお豆腐屋なのです。。。。

 まあ何時も京都駅に着いてから「あじゃりもち」など買えるものだと高をくくって
おりましたら何故かいつものお店ではすでに売り切れだと言うのです。

 そのお店とは近鉄の改札近くにある土産物屋でして、だいたいの京都銘菓は揃って
おりますが、何故か「あじゃりもち」だけが売り切れなのでした。

 新幹線の乗車チケットはすでに買ってあり、その乗車時刻は迫っておりましたから
焦りましたよ。

お店の店員に「ほかにこの近くであじゃりもちを売ってるお店はナイですか?」と
お聞きする。

すると「伊勢丹さんにありますわ。」とおっしゃる。

近鉄線は京都駅の南側であります。 つまり新幹線乗り場の真下でもありますよ。
で、目的地の伊勢丹は京都駅の北にあるのです。
先ほど歩いて来た「南北自由通路」を引き返すのです。
土曜日の夕方の京都駅と言いますと、観光客やら修学旅行生やら爺さんやら
婆さんやらオネーチャンやらオニーチャンやらでごった返しております。

 その人でのごった返す南北自由通路を血相変えて「あじゃりもち! あじゃりもち!」
とブツブツ言いながら走っているオジサンを見たら、それは私であります。(^^;)

途中に「岡崎」の観光ピーアールをやっているイベントなんぞがありましたが、今は
それどころではありませぬ。。。。あじゃりもち命!!なのであります!!
 
 人をかき分けてなんとか伊勢丹に到着です。
インフォメーションを見つけて、受付嬢に「あじゃりもち ありますか?」と聞いてしまった。。。
この受付に「あじゃりもち」があるわけナイ!!

 しかしこの受付嬢はイイヒトです。
「あじゃりもちでございますか。 それでしたら下の階にございます。2階ほど降りて
いただきますと地下一階の食料品売り場にございます。」とゆっくりと説明してくださった。

 エスカレーターで地下一階へと急ぎましたよ。
洋菓子を売っているお店のオネーチャンに「あじゃりもちの売り場はドコですか?」と聞くと
10メートルほど先を指さして「あちらでございます」と言うので、そちらを見ますとナント!
黒山の人だかりではありませんか! しかしせっかくここまで来たのですから
「あじゃりもち」獲得作戦は決行せねばなりません。売り場はもはや戦場であります。
 
 そして「あじゃりもち」売り場の人垣をよく見たら、それは列をなしており、その列を
目で追うとなんと40人は軽く並んでいるではありませんか!

 今や「あじゃりもち」ってすごくメジャーなお土産になってしまっていたのですね。
私「あじゃりもち」を見くびっておりました。「あじゃりもち」は京都土産のトップブランド
にのし上がっていたのですね。。。。愕然としましたよ。 これでは妻との約束が
果たせない。

 もう今戻らないと。新幹線にも乗り遅れますので、再び南北自由通路を南に
向かってダッシュであります。

 「駆け込み乗車は危険ですからおやめください」などと言われても乗り遅れたら
アウトなのですよ。

なんとか時刻には間に合いましたが、買うことが出来なかった事を妻に話しますと
「あんなもん、新幹線のコンコースに売ってるで!」と言うのです。

「なんだとぉ!!」ですよまったく。

人が必至になって南北を行ったり来たりして汗だくになってきたのは何のため?

本日、南北通路行ったり来たりで筋肉痛でありますよ。。。。

京都駅の構造はこちら↓
http://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0610116
 
そして「あじゃりもち」を売ってる場所の一覧がこれです。

大丸京都店
大丸山科店
高島屋京都店
高島屋洛西店
JR京都伊勢丹店
松村食料品店
清水老舗小路店
観光デパートキューブ店
観光デパートポルタ店
観光デパート大原店

近鉄名店街ハーベス京銘館
京都駅新幹線コンコース京銘菓店
京都駅新幹線コンコース嵯峨野店
京都駅新幹線コンコース舞妓店

 さらに調べて見ると今では名古屋の高島屋でも売ってるじゃありませんか!
もう、二度と京都駅では走りません。。。。

e0065906_1726996.jpg


人気ブログランキングへ
↑よろしければクリックしてくださいね。


e0065906_17264285.gif
by woodstove | 2008-12-07 17:27 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(8)


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

岡野さん 画像を送ってく..
by woodstove at 07:03
茨城に住んでおります。写..
by 岡野 幸枝 at 21:28
岡野さん 一度拝見できま..
by woodstove at 06:53
こんにちは。 IHクッ..
by 岡野 幸枝 at 20:11
渡辺さん 嬉しいコメント..
by woodstove at 06:37
BBpinevalle..
by woodstove at 08:08
こんにちは。 それは良..
by BBpinevalley at 07:05
BBpinevalle..
by woodstove at 20:48
お久しぶりです。 フィ..
by BBpinevalley at 18:38
みゅうさん コメントを..
by woodstove at 21:20

最新の記事

うれしいお便り
at 2017-04-21 06:59
冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38
手前味噌を作る週末。。。
at 2017-01-14 18:03
ロケットストーブのモデルチェ..
at 2017-01-11 06:59
小学校で防災訓練
at 2016-10-21 19:01

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっと...
PADDLER's LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(214)
(204)
(202)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧