タグ:モノ作り ( 204 ) タグの人気記事

ロケットストーブ試作。。。 Rocket Stove Mass Heater

ロケットストーブには、昔から興味があり、これまでも試作を重ねてきましたが、
昔、Youtubeにアップした動画を見に行ったら、なんと12万アクセスを超えておりました。
それほどに関心が高いのですね。 そこでもう一度造ってみることに。。。。(^^)

http://www.youtube.com/watch?v=EAw0AS89Tv8



軽量化とスリム化をテーマにして完成させました。
by woodstove | 2013-11-03 09:06 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(4)

最初の一台目。。。。。

 薪ストーブを初めて作り出してから、今年で21年になります。

 ほんとうに、あっという間の21年でした。 と言うことで、久しぶりに最初の薪ストーブに
会いに、愛知県豊田市の旭地区のお宅を訪ねたのでありました。

 平日とあって、高原の観光客もまばらです。
さっそく、ヤギのお出迎え。。。(^^)

e0065906_17591817.jpg


 こちらには、馬やウサギがいたりと、賑やかであります。

 さっそく薪ストーブとご対面。

 塗装は、使い込まれて傷みはあるものの、本体に異常はありませんでした。
表面の汚れをふき取り、耐熱塗料をタッチアップです。


e0065906_1821226.jpg

 この初めての薪ストーブには、さまざまな思い出が詰まってます。
軽井沢の佐藤ストーブさんをお手本にしたんですが、その製法は手探りでした。
本当に造る手順に苦労させられました。 内部の作りこみでは、手が入りにくい場所での熔接ですとか、
メンテナンスを行うための、点検口ですとか、作りながら考える日々でした。
 排気塔には、製昨年の1992が刻まれております。 まだまだ現役でいてくれる頼もしい一台であります。

 そして今、初代のスタイルから進化を続け、このような姿になっております。
この画像は未塗装であります。 鉄板の厚さを見直し、製法も見直しこの姿にたどり着いたのでありました。

e0065906_18321420.jpg


 またこれからも、新しいスタイルを求めて造り続けてまいります。
どうぞ宜しくお願いいたします。(^^)
by woodstove | 2013-10-09 18:34 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(2)

今日も薪ストーブ作りは続きます。

 野菜の話題が多くなりがちな、このブログですが、工房では
薪ストーブ作りが続いております。。。。。 (^ ^;)


e0065906_8414126.jpg

 このストーブは、高気密住宅に対応した構造になっております。
外観からは、その燃焼構造はわかりませんが、室内の空気を使わず、外気だけで燃焼を
行います。

 さて、そのお宅の煙突工事を行いました。
煙突の施工は、名古屋の日本暖炉さんによって行われました。

e0065906_8464033.jpg

 煙突の付け根にご注目願います。 今回はヨツール製のフラッシングを使用しております。
実物を拝見するのは、私も初めてです。 その材質は鋳鉄製で、堅牢そのものであります。
屋根の勾配にフィットさせる機構も目から鱗が剥がれ落ちるアイデアですよ。

 そして瓦屋根に対応すべく、雨仕舞いは鉛のシートです。フラッシングとの相性も抜群です。
これなら雨漏りの心配もありません。。。(^^)

 現在の工房へ移動しまして。。。。(あっちへ行ったり、こっちへ行ったり忙しいですね)

 まもなく完成を向かえる薪ストーブです。
昨日は、お客様にお越しいただき、薪ストーブの組み立てを体験していただきました。
もちろん、熔接などの工程はお手伝いしていただくわけにはイキマセン。
ボルトやナットでの、部品の組み付け作業です。

 今回は、テーブルトップにマウントされる、メインダンパーボックスの取り付けと、
サイドシェルフの組み付けです。

e0065906_856720.jpg

 螺子を締め付ける力加減などを、お客様の手で感じていただき、これからの薪ストーブライフの
中で、その構造を学んでいただくのは、とても良いことだと感じました。


e0065906_8584243.jpg

 まだ耐熱ガラスが入っておりませんが、これで本体の組み立ては完了です。
もう少し涼しくなったら、試験燃焼を行う予定です。その時もまた、お客様の手で火入れを行う
予定であります。
by woodstove | 2013-09-08 09:02 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(4)

夏野菜の予感。。。。

 まだ梅雨の明けない東海地方ですが、今朝は雨が上がり畑へと向かいました。
(ほぼ毎日、畑には行くのですが。。。。 (^ ^;))

 で、到着するやいなや、嫌なものを発見!

e0065906_18395847.jpg

 トマトのアイコが無残な姿に。。。。。

 カラスの仕業でしょうね。 ネットやテープで鳥からの攻撃を怠った事が原因であります。

 気を取り直して、収穫です。。。。


e0065906_18424742.jpg

 どうです。カタチは悪いが鮮度は抜群!!
ニンジン ゴーヤ ピーマン キュウリ ズッキーニ ミニトマトと言ったラインナップであります。
これぞ夏野菜のデビューとなりました。。。

 そして先ほどですが、以前に収穫したニンニクを編み上げました。


e0065906_18444833.jpg

  ガーリックブレイドです。 今回は葉っぱを乾燥させすぎて、編みこみに苦労しました。
やはり葉っぱが半生状態のほうが、作りやすいですね。


e0065906_18465815.jpg

 どうです。男前なニンニクでしょ。。。。(^^)

 今回も阿弥陀クジをやりましょか?   (^ ^;)
by woodstove | 2013-06-22 21:49 | Trackback | Comments(6)

鉄の工作

 月に一度は、好き勝手な鉄の工作をしていたが、ここのところ
それすらも出来ない状態でした。。。(畑が忙しいと思われますが)

 まあ、時にはご注文から離れたモノ作りをしたいものです。

 と言って作ったのがこれであります。

e0065906_1615382.jpg

 壁などに取り付ける3連フックであります。
玄関などに、キーホルダーを掛けておいたりすると、便利ですよね。

 またもう少し大きくしたら、薪ストーブのお手入れ道具を掛けるフックにもなりそうです。

 『鉄の仕事屋』では、「こんなモノが作れますか?」と言ったリクエストにもお応えいたします。

 showsuke@katch.ne.jp  ←こちらのアドレスにてお待ちしております。
by woodstove | 2013-06-16 16:20 | モノ作り | Trackback | Comments(2)

そして収穫です。

 昨年の秋から植えつけたり、種を蒔いたりして育てた野菜の収穫が始まります。
この収穫が実に嬉しいのは当たり前かもしれませんが、作者としての自己満足も
頂点に達するのです。。。。 (^ ^;)


e0065906_934531.jpg

 まずは葉っぱが黄色くなりはじめたニンニクです。
天気の良い日を選んで、すべてを掘り起こします。今年のニンニクはどれも大きく
育ちました。中には大人のゲンコツほどになりました。


e0065906_961085.jpg

 土のついた表面のひと皮を剥いてやれば、ほらこの通り、キレイな白いニンニクが表れます。
この状態で日陰乾しを行います。 長期保存には、玉をほぐして冷凍保存も良いですね。


e0065906_981429.jpg

 こちらはレッドオニオン。初めてつくってみましたが、甘く育ってくれました。
サラダの彩にも最適です。 これも日陰で保存します。


e0065906_993140.jpg

 今年もソラマメが豊作となりました。今回はニンニクの隣に植えたコトが良かったのか
アブラムシの被害も無く、順調に育ってくれました。 もちろん農薬は一切使いませんよ。


e0065906_9111237.jpg

 このように初夏の楽しみは始まりました。

 次回のブログは、『鉄の仕事屋』の事を書きますね。
やや畑の事が多くなっておりますから。。。。。 (^ ^;)
by woodstove | 2013-05-25 09:14 | ボタニカル・ライフ | Trackback | Comments(6)

4月の火入れ

 もうすぐ5月になるという時期に火入れとなりました。

 現場は愛知県 一宮市 K様邸。
シンプルでありながら、和の空気感を醸し出す室内。
撮影し忘れましたが、天井にはガイシによる配線があったり。。。若い人にはワカラナイと思われますが。
建具やテーブルは、昔、どこかで使われていたモノだったり。
そうかと思えば、デザイナーがデザインした椅子があったり。
とにかく楽しいモノたちが笑っているような空間でありました。


e0065906_17563656.jpg

 こちら、奥様ご愛用のシンガーミシン。戦前のモノだそうです。いまだ現役ってのが凄いですよね!

さて、肝心の薪ストーブです。
今回は、薪ストーブ本体背後に断熱壁を作らないと言うことで、本体のヒートシールドで断熱を強化
いたしました。画像にはありませんが、据え置き型のヒートシールドも右側に設置することに
なっています。


e0065906_17561079.jpg


 そして天井には、こだわりのシーリングファンが回っております。

e0065906_17584541.jpg

 ファンの羽根がキャンバス生地で出来ているような軽い感じのデザインですね。


e0065906_1802151.jpg

 また新しい薪ストーブのある暮らしが始まりました。

お客様は、早く次の冬が来ないかと楽しみにしておられました。。。。。(^^)
by woodstove | 2013-04-24 18:02 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(0)

春の工房では。。。。

 春の工房は、週末になりますとご見学の方達がおこしになります。

 皆さん、薪ストーブのある暮らしを望まれてのご見学です。

 ちょうど工房には、製作途中の薪ストーブがあり、内部の構造なども
見ていただき、理解を深めていただいております。

 そのようなご見学ご希望でしたら、あらかじめのご見学のご予約をお願いいたします。
ご予約いただけますと、お時間も制約無くお話ができると考えております。(^^)


e0065906_9382560.jpg

by woodstove | 2013-04-21 09:40 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(4)

薪ストーブの画像をいただきました。

 ここ数年お世話になっている豊橋市の安食建設さまより、
これまで納めさせていただいた薪ストーブ画像をいただきました。

 どれもこれも丁寧に撮影された画像ですので、ここにアップさせていただきます。
なおどの画像のストーブも火は入っておりませんが、今からの季節の風景は、このような
感じになります。


e0065906_17241843.jpg

 豊橋 Sさま邸


e0065906_1725306.jpg

 豊橋 Sさま邸


e0065906_17261754.jpg

 豊橋 Sさま邸


e0065906_17271986.jpg

 豊橋 Sさま邸


e0065906_1728614.jpg

 蒲郡 Sさま邸


e0065906_1729680.jpg

 蒲郡 Sさま邸


e0065906_17301189.jpg

 蒲郡 Sさま邸


e0065906_17311052.jpg

 蒲郡 Sさま邸

 どちらの設置も階段室あたりの吹き抜け空間を活用した設置になっております。
暖かい空気は上へと上昇しますので、シーリングファンで空気を撹拌して
お部屋全体を均一な温度にしております。 

 薪ストーブの設置には、設計段階から綿密な計画が必要となります。
それには薪ストーブの事を熟知した設計が行える設計士さんがお勧めです。

 またそのようなこともご相談をお受けしたいと考えております。

撮影:安食建設 代表 安食誠一さま
by woodstove | 2013-04-14 17:40 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(0)

今週もまた新しい薪ストーブライフが始まりました。

 2013年3月5日  MAGOをお求めになってくださったお客様のお宅へ
火入れを行いに向かいました。向かった先は、愛知県は江南市です。
愛知県の西のほうに位置する町です。 安城からはクルマで1時間半で到着です。

 今回は、煙突工事をお客様ご自身で行うと言ったスタイルでありました。
とは言え、安全に施工していただくための、アドバイスはさせていただきました。

 現地に到着してすぐに、施工のチェックです。
燃えやすい木部との離隔距離であるとか、煙突の接合部分の確認を行いました。
薪ストーブの背後にある断熱壁も図面通りに出来上がっておりました。

 ここからやっと火入れです。

 お客様がこの日のために準備された薪が運びこまれました。
どの薪も良く乾燥していて、ベストコンディションであります。

 細い薪から炉の中に組み上げ、やや太い薪をその上に乗せて、
オーナー様ご自信の手で、いよいよ点火です。(いつも、この場面はドキドキ ワクワクしますよね) (^ ^;)

 火勢を徐々に上げて、煙突を暖めていきます。
排気パイプが十分に暖まったら、巡航運転モードに切り替えます。
 
 ひんやりとした部屋に温もりが生まれます。
お客様の顔にも、お喜びの表情が生まれます。。。。

 これからは、この薪ストーブのオーブンで、奥様がパンやクッキーを焼き上げるそうです。

 またここに新しい薪ストーブの暮らしが始まります。。。。(^^)


e0065906_17341085.jpg



e0065906_1734542.jpg

by woodstove | 2013-03-08 17:35 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(4)


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

岡野さん 画像を送ってく..
by woodstove at 07:03
茨城に住んでおります。写..
by 岡野 幸枝 at 21:28
岡野さん 一度拝見できま..
by woodstove at 06:53
こんにちは。 IHクッ..
by 岡野 幸枝 at 20:11
渡辺さん 嬉しいコメント..
by woodstove at 06:37
BBpinevalle..
by woodstove at 08:08
こんにちは。 それは良..
by BBpinevalley at 07:05
BBpinevalle..
by woodstove at 20:48
お久しぶりです。 フィ..
by BBpinevalley at 18:38
みゅうさん コメントを..
by woodstove at 21:20

最新の記事

うれしいお便り
at 2017-04-21 06:59
冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38
手前味噌を作る週末。。。
at 2017-01-14 18:03
ロケットストーブのモデルチェ..
at 2017-01-11 06:59
小学校で防災訓練
at 2016-10-21 19:01

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっ...
PADDLER's LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(214)
(204)
(202)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧