タグ:グルメ ( 104 ) タグの人気記事

私のお気に入り(ロケットストーブに新しいアイテム追加です)

昨年から作りはじめた「ロケットストーブ&ホットテーブルセット」

e0065906_7533953.jpg


 天板にお鍋やパンを乗せて料理が行えました。
が、やっぱりオーブンが欲しくなり、試作を行いました。

e0065906_7554330.jpg


e0065906_7553052.jpg


e0065906_756369.jpg


e0065906_7563669.jpg

 どこかで見たことがあるカタチですよね。
そうです。あのMAGOの蒲鉾型のオーブンです。

e0065906_7594728.jpg


さっそく料理です。

e0065906_803315.jpg

カップケーキです。

e0065906_811338.jpg

 オーブン温度を200度に上げて焼き上げます。

e0065906_825726.jpg

 約20分ほどで焼きあがりましたよ。

ついでにピッツァも。。。。

e0065906_843119.jpg

こちらは、300℃で焼いたので、僅か3分で焼き上がりました。

 今回のテストでロケットストーブには、オーブンが似合うと思いました。(^^)
by woodstove | 2014-06-08 08:07 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(0)

凄く美味しいそうな画像たち

 その方とは、FBがきっかけ、でお付き合いが始まりました。
いつも美味しそうな料理が、彼のタイムラインで踊っていたんです。

 美味しいモノには目が無い僕は、お友達申請をさせていただき今に至ります。。。。(^^)

 彼の得意技は、ダッジオーブンを使うこと。その凄腕に圧倒されておりました。

そしてさらに嬉しい事は、僕の作るロケットストーブのユーザーになっていただいたコトなんです。

 彼から頂いた料理の画像。。。(本当は現地に駆けつけ、ご相伴に授かりたかったです) (^ ^;)

e0065906_6191094.jpg

 青いお鍋はルクルーゼですね。 さて、何ができるんでしょう。。。


e0065906_6195930.jpg

 お鍋の中には、真っ赤なトマト。 何やら詰め物がしてあるみたい。


e0065906_6213093.jpg

 寄りの画像です。 Seimiさんによりますと、中にはツナとチーズが詰め込まれ、黒胡椒が振ってあるとのこと。


e0065906_622525.jpg

 お皿に盛り付け、いざ実食!! と行きたいところですが、画像だけで我慢です。。。残念。 (^ ^;)


e0065906_6232171.jpg

 こちらはトマトソースのようですね。あ、そうか!トマトの中身をくりぬいたやつが、ソースになるんですね。
パスタにからめても美味しそうですね。(^^)


e0065906_6235835.jpg

 そしてこちらは、タンドリーチキン。 肉厚のパンは蓄熱性が高いので、食材をじっくりこんがり焼くようです。


e0065906_6455023.jpg

 続いて、タラの芽の天ぷらだそうです。これも天ぷら油の温度が下がらないので、衣がサクッと揚がるんだそうです。。。(^^)


e0065906_6471768.jpg

 薪を燃料にする、アウトドアクッキング。
次回は、どんな料理が登場するのか、楽しみであります。


文末になりましたが、この写真を撮影したSeimiさんは、プロのカメラマンです。
それでもって、このような美味しいモノを作るって、天は二物を与えたりしますね。。。 (^ ^;)

Seimi Tsutsuiさん

https://www.facebook.com/seimi.tsutsui?fref=ts
by woodstove | 2014-05-27 06:51 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(0)

いよいよ そらまめ。

 野菜は正直ですね。
たしか昨年も、ちょうど今頃収穫をしていたソラマメ。

 今年もその実を結んでくれました。
今回もアブラムシの発生はあったものの、拡散することなく退治しました。(捕殺ですが)


e0065906_22573443.jpg

 大きくなったものだけを収穫しました。

 家に持ち帰り、鞘の両端を切り落とし、鞘を割って塩を振り、トースターで焼くこと10分。

e0065906_22592764.jpg


  この季節の、この瞬間を楽しみに育てたソラマメに感謝です。。。(^^)
by woodstove | 2014-05-13 23:00 | ボタニカル・ライフ | Trackback | Comments(0)

苺の季節とあいなりました。。。。

 昨晩のこと、近所に住むFB友達から苺をいただいた。
確か昨年も、香り高き苺をどっさりいただいていた。

  どうやら遠い親戚が苺農家だそうで、規格外のモノを持ってくるそうです。
規格外と言っても、傷があるわけでなく、形が悪いと言うことも無く。。。。
おそらくですが、ほぼ完熟なんだと思います。

 この段階で出荷しても店頭に並ぶ頃には、傷みがでてしまうのでしょうねぇ。 (^ ^;)

 で、その私のお気に入り苺がこれ!! ↓

続きはコチラ。
by woodstove | 2014-05-06 18:12 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(4)

薪ストーブでクッキング

 一年を通じて、薪ストーブ料理で登場回数ナンバーワンは、やはり何と言ってもピッツァですね。

 生地を捏ねて(最近はほとんど機械任せですが) トマトソースを縫って、お好みの具材を
トッピングして、 チーズを乗せてそこへオリーブオイルをたらりと落として、オーブンで焼くだけ。。。。 (^ ^;)

 トマトソースは、夏の畑で採れたサンマルツァーノで作って冷凍保存してあり
一年を通じて使える便利物。(^^)

 先日、薪ストーブのご見学に来られたお客様にも、ランチにピッツァでおもてなし。

 焼きたてアツアツなピッツァは、最高のおもてなし。


e0065906_5294514.jpg


 さてさて、次回はどんなピッツァにしましょうか。(^^)
by woodstove | 2013-12-19 05:32 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(2)

クッキングストーブで暖房ができるんですか?

 薪ストーブのご見学に来られるお客様から、時々お聞きするお言葉に
「クッキングストーブって、暖かくならないんでしょ?」と言ったものがあるんです。

 その答えは「正解!」なんですが、実は僕の作るクッキングストーブは、
暖房能力もしっかり備えているんです。


e0065906_6561085.jpg


 欧米でのクッキングストーブというモノは、一年を通じて使用するんです。
だから真夏でも使うので、暖房はできない構造になっているんです。
簡単に言うと「断熱構造」なんですね。

 そこで僕は、クッキングストーブは冬だけ使うように設計を見直しまして
暖房と調理を同時に行えるようにしたんです。 でも夏でも暑いのを我慢すれば
調理はできますけどね。。。。 (^ ^;)

 さて、ここへきてやっと寒くなってくれました。
仕事場のクッキングストーブも運転開始です。 仕事場のストーブもオーブンを
内蔵してますので夕食を調理いたします。

 まずはスペアリブ。。。。

e0065906_71356.jpg


そしてタンドリーチキン。 (タンドリーで焼いてませんが)

e0065906_72550.jpg


 どちらも、味付け用の漬け込み液に浸して、あとは焼くだけのカンタン料理です。
寒くなる季節にはぴったりな暖か料理を召し上がれ。。。。(^^)
by woodstove | 2013-11-15 07:04 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(6)

また今年も黒豆の季節となりました。

 毎年、7月の初頭に種まきを行う「黒豆」。

 今年は、猛暑と少雨の影響や、先日暴風雨をもたらした台風18号。
どれもこれも黒豆にとっては、大変な試練でありました。それに重ねて僕のような
ナンちゃって菜園主ですから、上手くできたらラッキーなのでありますよ。

 で、畑の様子です。 これは台風が過ぎ去った後に撮影したものです。
ですから、葉っぱが傷んでおります。幹も斜め45度に傾いてしまいました。


e0065906_18191972.jpg

 それでも、台風が過ぎ去った後は、このようにアマガエルが葉っぱの上に居座っております。
おそらく、黒豆に取り付こうとする昆虫をまっていると思われます。

 まあ彼らのおかげで、害虫から豆を守ってくれるなら有難いことでありますね。


e0065906_1757233.jpg

 この画像は、14日ほど前の画像です。
豆の鞘は、まだまだ薄く、豆の膨らみを感じませんよね。

 そしてこの週末、ようやく鞘の膨らんだモノから、株元からノコギリで切って収穫です。
幹径が20ミリほどありますので、それはもうまるで伐採です。。。。 (^ ^;)

 すぐさま家に持ち帰り、茹でる準備です。
枝から鞘をハサミで切り落とします。 鍋で湯を沸かしだします。
切り取った鞘は、ボールの中で塩もみです。

 お湯が沸き立ったら塩をお好みで投入。。。僕は少し辛めの塩味にしております。
茹でること6分。。。。。

e0065906_1831833.jpg


 この時点で、抜き打ちサンプリングテストです。
お鍋の中からアツアツの鞘を取り出して、ふーふーして食感を確認します。
ちょうど良い食感の少し手前で火から降ろし、笊に一気に落とし湯切りです。
そしてしっかり笊を振って湯を切ります。 すぐさま今度は扇風機にて除熱です。

 この湯切りから除熱の作業は、一気に行わなければ、狙った食感にはなりません。
その僅か数分の流れるような作業に全てを集中させなければ、黒豆に対して失礼なのでありますよ。

 そおして、茹で上がった黒豆は、やがてビールなどの古き友に迎えられ、おおいに盛り上がるので
ありました。。。。


e0065906_18134914.jpg


 で、肝心のできばえですが、昨年を100点としたら、やっと80点と言ったところです。
でもまあ、この悪条件の中でしたから、良しとしましょうか。。。。(^^)
by woodstove | 2013-10-14 18:16 | ボタニカル・ライフ | Trackback | Comments(6)

トマトソースを作ります。。。

 畑で採れる作物のトマトが、大量に採れだす頃となりました。

 我が家のキッチンの野菜篭には、大小さまざまなトマトが山盛りとなり
さらには完熟を迎えたモノもあるんです。このまま放置すれば腐るだけ。。。。


e0065906_10423410.jpg


 意を決して(そんなに力むコトではありませんが) トマトソースを作ることになりました。


e0065906_10384617.jpg

 今回は、この野菜顔の目玉に使った黄色の「クックゴールド」と言うトマトをメインに
ソースを作ります。 名付けて「クックゴールデンソース」であります。


 トマトの皮にナイフで切れ目を入れて、さっと茹でて冷水で冷やして湯剥きです。

e0065906_10434194.jpg



e0065906_10455061.jpg

 種を搾り出して、刻んでおきます。


e0065906_1047194.jpg

 スパイスを用意してっと。


e0065906_10481663.jpg

 オリーブオイルを鍋に入れたら、低温でニンニクと鷹の爪を加熱して香りを立たせます。

 焦がさないように炒めたら、いよいよトマトの投入です。

e0065906_1050694.jpg

 月桂樹の葉っぱと、クミンシード、お塩を入れて味見です。好みの味に整えて、煮詰めていきますよ。
約1時間ほど煮詰めると、水分も少なくなりソースらしくなってくれます。
これでパスタを頂くことが、今回の目的であります。。。

 残りは冷凍保存をして、いつでも使いたいときに使います。。。。(^^)

 年に一度の楽しみですが、この味は止められませんよ。。。。(^▽^;)
by woodstove | 2013-08-10 10:56 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(6)

四国はどこでも美味しいみたい。。。。その2

 さてさて、四国旅の続きとなりますが。。。。(四国全部回ったわけでは無いのに、四国旅と言っていいのか?)

 直島から高松に戻った一日目の夜はホテルから飛び出して居酒屋で食事にいたしましょうってコトで、街へくり出します。
あらかじめホテルのベルボーイに 「このあたりで美味しい居酒屋さんは、どのあたり?」と聞いたら
「この道を真っ直ぐ行けば、お好みのお店がどっさりありますよ。」と嬉しいお返事。

 言われる方向へと歩きます。  やがてなんとなくイイ匂いのする街に到着です。

こういう時の直感は当たるんです。 お店の外観とかお店の前の状況ですとか。。。。観察します。
で、ココは美味そうって感じがするお店を選びます。 なんとなく吸引力を感じるお店はココ「ととや」でした。

e0065906_17415136.jpg

 もう、この色合いのお店なら美味しいに違いないと読んで、入店です。
店内は10席ほどのカウンターと、掘りごたつ式のテーブル席。 カウンターの中には、この店の大将と
おぼしき板前さんがいらっしゃる。この人の目に自信に満ちたモノを感じたのでした。。。ホンマカ?

  とりあえずの生ビールをオーダー。 そしてお刺身の盛り合わせ。

e0065906_18451021.jpg

すこし画像が荒れてますが。ネタは新鮮でありました。 右端にあるお刺身が、香川で一押しの「オリーブ
ハマチ」であります。餌にオリーブの粉末を加えているんだとか。 どおりでオリーブの味が。。。。するわけありません。 でも脂のノリはイイですね。(^^)

 その他にもいろいろ注文しましたが、写真を撮り忘れるほど美味しくて。。。単に酔っ払っただけなんですけどね。 宇和島名物のジャコ天など、 美味しい料理の連続でありました。(^^)

 四国入りして2日目は、薪ストーブを納品させていただいたお客様のお宅へと向かいました。

 高松から宇和島のその先まで約250キロほど。 約4時間かけて到着。 その現場の様子は前のブログ
で書きましたので割愛させていただきます。。。。

 で、お客様のお宅で薪ストーブの火入れ確認を終えて、高松へと戻ります。
帰り際に、お客様が作ったお米とサトイモ、 そして愛媛みかんをどっさりいただきました。
Yさま その節はありがとうございました。美味しくいただいておりますよ。
お米はやはり水の良し悪しで決まりますね。 清流を田んぼに取り込んでの稲作。 実に羨ましいです。
で、夕方になり高松へ戻ります。

 そして2日目の高松の夜は、投宿していたホテルのすぐ裏手にある、よさ気な焼き鳥屋さんへ行くことに
なりました。。。。高松と言えば「うどん」でしょ! と突っ込みを入れられそうですが、どうも夜にうどんと言う
発想が僕には無いのです。 夜となれば居酒屋か焼き鳥でしょ。。。(^^;)


e0065906_19172118.jpg

 お店に入って目に飛び込んできたモノがこれ↑。。。。 お店の名前は「えんぎ屋」 炭火焼き鳥店であります。  ここ高松は、うどん屋も多いが、焼き鳥屋の数も多いのだそうだ。多いと言うことは、それだけ
レベルも高いと言うことになるのではないかな。。。。などと勝手な理屈を考える。(^^)


e0065906_19232085.jpg

まずは生ビで乾杯です。。。。ここはエビスでありました。
 焼き鳥も盛り合わせがあり、中でもレバーが美味かった。 それと骨付きレッグも皮が香ばしく焼けて
いて、飛び切りの美味さだった。


e0065906_19251198.jpg
 
 適当なところで、お酒を変えてみましたよ。 お店の大将が勧めてくれたのが、この「いりこ酒」。
お酒には、いりこのお出汁が入っていて、そこに炙ったいりこが2尾入っているんです。
味は、ふぐひれ酒をさらに美味しくしたような。。。。あまり上手い表現ではありませんが、断然、こっちの
いりこ酒のほうが美味しいです。 これから人気が出そうですね。(^^)


e0065906_19292184.jpg

 そろそろ〆と言うことで、「さぬきホルモン鍋」をオーダー。

e0065906_19303122.jpg

カウンターにガスコンロが置かれ、鍋が乗っかります。 煮込んでいくとヒタヒタになっていきます。
これもいいお出汁が使われているんですね。  香川はお出汁の文化圏ですね。

 そして3日目。。。午前中は「香川県立せとうち美術館」にて、東山魁夷を鑑賞し、ついでに瀬戸大橋記念公園も見て回る。。。。ここも開通当時は、観光客でごった返したんでしょうね、今では閑古鳥さえ見られせん。 巨大な会館と巨石を積み上げたオブジェ。。。。無駄の遺産がここにありました。。。。(^^;)

 午後は高松の北東にある「イサム・ノグチ庭園美術館」を予約していたので、早めに現地入りをと
車を走らせる。 途中、美味しそうなうどん屋さんを見つけるが、まだお腹がすいていない。。。
残念だが、お昼まで我慢をすることに。。。。しかし、そのお店がうどんの美味い「山下」であると知ったのは
後の祭り。。。。。(-_-)ウーム

 11時30分ごろ、イサムノグチ庭園美術館に到着。
入館は13時なので、まだ時間がある。  それまでにお昼を済ませましょうってことで、車を走らせる。
このあたりは、石切り場があり、周辺は石屋さんが立ち並ぶ、石工団地でありました。

 そんな石屋さんの中に一軒のうどん屋を発見。
外見では判断できないのが、香川のうどん屋さんだ。

e0065906_19454242.jpg

さぬきうどんと大きく書かれた「大木戸」さん。 このような場所なのでお客は職人さんが多いのです。
我々も意を決して入店です。 

 店の中もやっぱり職人さんばかり。。。。それも屈強な男たちが多いのです。
石屋さんの職人さんが、お昼時間になってどっと集まってる感じです。
お店のシステムは、セルフです。 まずはお盆を手に取り、お茶を湯飲みに入れて
次は揚げ物やおにぎりが置いてあり、各自お好みで皿に取り、次へと進むのです。


e0065906_19561693.jpg

 ここからが真剣勝負です。 お店の壁には「かけ」とか「ぶっかけ」とか讃岐うどん専門用語が
立ちはだかっているのです。 しかしどれも安い。。。最低価格が130円。
三河人としては「かまあげ」がなじみ深いので、それをチョイス。 なんとこの「釜揚げ」がお店では
一番高いのだ。。。と言っても310円なのね。 掻き揚げ天ぷら100円をつけて410円なり。
鰹節削りと天かすやネギは、取り放題。。。。 空いた席へお盆を運びいただくのです。


e0065906_19565740.jpg

 一口うどんを口にして驚いた。 この雰囲気にしてこの美味さはなんだ!!

 お客は次から次へと入ってくる。 すぐに満席となるが、食べ終えた客も次から次へと出て行くので
すこぶる回転が良いのです。 やっぱり本場は違いますね。 まだまだ沢山のうどん屋があり、それぞれに
美味いでしょうね。。。。次回は、うどんだけの旅にしたいと誓うのでした。。。ホンマカ?

 うどんで感動するのは、おそらく今回が2回目です。
一回目は、大昔食べた岡崎市にある「釜揚げ」で有名になったお店でした。
でも、今回のこのお店には参りました。。。。安すぎます。。。。(^^)

 このお店を後にして、イサムノグチ庭園美術館へ向かいます。
ココでは氏の代表作に出会えて感動したが、うどんの感動が大きくて少し霞んでしまいそうに
なったが、やっぱりイサムノグチの思考は素晴らしいものがありました。

夕方になり高松駅へと戻り、マリンライナーにて岐路につきます。

e0065906_2083735.jpg


 四国の魅力はまだまだたくさんあるんでしょうね。
また機会を見つけて、訪ね歩きたいですね。。。。。


 
by woodstove | 2012-11-06 20:10 | | Trackback | Comments(0)

夏の畑はお祭り騒ぎ。。。。。

 今年の第一弾トウモロコシの収穫を終えて、今日は朝から後片付けに追われておりました。

 時々、用もないのにお天道様が顔を出し、容赦なく照りつけてくれます。
熱中症にならぬよう水分補給をしながら、全身グショグショになりながらの作業です。

 最近、友人から言われるコトバに「オマエが家庭菜園にハマルなんてなぁ!?」とか
「似合わないよ、その野良仕事は。。。。」などなど、誹謗中傷とまではいきませんが、
皆さん、ちょっと驚いているようです。

 そりゃあ、僕の若い頃を知るヒトなら、「え!!あのシチーボーイが?!」とか「デジタル大好き人間の
アイツが?!」と目を丸くして叫ぶでしょう。。。。。(^^;)

 しかし、畑には様々な楽しみがあります。
僕を虜にするそのワケは、植物たちの旺盛なる生長にあるんです。
「なんと、当たり前のコトをオマエは抜かすんじゃ!!」と笑われるかもしれませんが、日々刻々と生長する
さまを見るたびに、僕も頑張らなくては!! と思ったりするんです。

 でも、本音はやっぱり美味しいモノを作って、美味しい感動を味わいたいからであります。
そしてさらには、その味を親しい友人と共有することもまた、楽しみの一つだと思います。

 本日は、現在の畑の状況をご案内いたします。 


e0065906_1233058.jpg

唐辛子 次から次へと花が咲き 一家に1本あれば重宝しますよ。


e0065906_125077.jpg

 オクラの花であります。 ハイビスカスと同じアオイ科で花も良く似てますね。 一家に4株もあれば
毎日の食卓を賑やかにしてくれます。


e0065906_1271622.jpg

 夏野菜の定番、キュウリでありますが、今回はイボイボが出来る品種を選んでみました。
生食で良し、またお漬け物にも最適であります。


e0065906_12102053.jpg

 これまた夏野菜の王様かどうか知りませんが、茄子ですね。 焼いて良し、煮て良し、揚げて良し。。。
とにかくお役に立ちます。


e0065906_12125584.jpg

 茄子が王様と来たら、王妃はやっぱりトマトでしょ!!
このアイコっていう品種は、雨に濡れても裂果しにくく、このように鈴なりになってくれます。
糖度も高く、これはもうフルーツですね。


e0065906_1214582.jpg

 第一弾のトウモロコシが終わって、第二弾のトウモロコシ。
気温が高くなったのですぐに発芽してくれました。今からの暑さとの戦いに生き延びられるか、いざ勝負です。


e0065906_1217050.jpg

 ショウガです。 ジンゲロールとか言う成分が、カラダに良いってことから人気上昇中。
今年の期待の新人です。。。。(^_^)


e0065906_12183962.jpg

 こちらは里芋であります。 福井県で多く栽培されると言う「大野芋」という品種。
秋の収穫が今から楽しみです。


e0065906_1220201.jpg

 昨年に続き、黒豆の栽培です。  そのほとんどは枝豆としていただく予定です。
まあ、少しぐらいは黒豆として収穫もしますが、ビールのお供に最適です!!


e0065906_12221176.jpg

落花生。  これも秋の定番となりました。こちら三河地方では殻ごと茹でていただきます、これもまた
ビールの親友となります。


e0065906_12233315.jpg

ズッキーニです。 これもまた次から次えと花を咲かせ実を結んでくれる、イタリアの誉れであります。
夏こそズッキーニでありますよね。。。。(^_^)


e0065906_1225753.jpg

最後になりますが、コレ何の花だかワカリマスか?

 これ金ゴマなんです。 仕事場のお隣さんから種をいただき、今年初めて種まきを行いました。
さてどれだけ採れるのでしょう。

 こんな感じで、僕の畑はお祭り騒ぎでありまする。。。。。(^_^)
by woodstove | 2012-07-14 12:28 | ボタニカル・ライフ | Trackback | Comments(6)


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

岡野さん 画像を送ってく..
by woodstove at 07:03
茨城に住んでおります。写..
by 岡野 幸枝 at 21:28
岡野さん 一度拝見できま..
by woodstove at 06:53
こんにちは。 IHクッ..
by 岡野 幸枝 at 20:11
渡辺さん 嬉しいコメント..
by woodstove at 06:37
BBpinevalle..
by woodstove at 08:08
こんにちは。 それは良..
by BBpinevalley at 07:05
BBpinevalle..
by woodstove at 20:48
お久しぶりです。 フィ..
by BBpinevalley at 18:38
みゅうさん コメントを..
by woodstove at 21:20

最新の記事

工房のお引越し
at 2017-10-22 08:31
うれしいお便り
at 2017-04-21 06:59
冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38
手前味噌を作る週末。。。
at 2017-01-14 18:03
ロケットストーブのモデルチェ..
at 2017-01-11 06:59

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2017年 10月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
more...

フォロー中のブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっ...
PADDLER'S LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(214)
(204)
(203)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧