<   2014年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

蕎麦の花。。。

 以前から一度見たいと思っていた「蕎麦の畑」。
ちょうど今頃が見ごろだと言うので、中央高速で中津川へと向かう。

 今日はJR主催の「さわやかウォーキング」が現地で開催されていて、歩行者の列が
続いていた。 中津川では30℃あったが、椛の湖は高原にあるため気温が26℃と
爽やかな空気が流れていた。


e0065906_18284758.jpg

 椛の湖自然公園では、蕎麦の花の見ごろにあわせてイベントが開催されていた。
熱気球の体験乗船も行われていたが、ちょいと上がってすぐに降りてくるので、見ていてなんだか忙しい。
また、その周辺には、祭の屋台も並び、賑やかなものでした。


e0065906_1830432.jpg

 ハチも忙しく飛び回り、せっせと蜜を集めているようだ。


e0065906_1832684.jpg

 この景色を求めてやって来たんです。
南信州に、本格的な秋が訪れる頃、新蕎麦が登場します。
またその季節になったら、ここへ帰ってこようと思います。

 で、帰路に着く前にやっぱり蕎麦屋に立ち寄ってしまいます。

e0065906_1835031.jpg

「くるまや」のざる蕎麦、美味しゅうございました。。。。(^^)
by woodstove | 2014-09-28 18:37 | ちょいとお出かけ | Trackback | Comments(2)

収穫の秋。。。。

 朝夕の気温も下がり、秋の気配が漂うようになりました。

e0065906_5285727.jpg

 私の住む安城市の南部には、ヒマワリが。。。。あれ?ひまわりって夏じゃないの? (^ ^;)

 まあ、それはさておき収穫です。
サツマイモの蔓がびっしりと覆いかぶさった畑に分け入り、ザックザック ザックジャパンは去年の
話。。。。オヤジギャグですんません。 (^ ^;)


e0065906_5415432.jpg

出ました!出ました! 今年の2月に、友人が届けてくれた馬糞の効果でしょうか、見事な
サツマイモがゴロゴロと出てまいります。

ですが。。。。。。

※小さい動物の嫌いな方はご遠慮ください
by woodstove | 2014-09-24 05:48 | ボタニカル・ライフ | Trackback | Comments(2)

バジルペーストを作ってみた。。。

 畑のトマトの畝にバジルを植えると良いと聞いて、トマトの株間にバジルの種を撒いておいた。

 おかげさまで、トマトの収穫には、良かったような気がします。。。(気分だけかな) (^ ^;)

 トマトの収穫を終え、畑にはバジルだけが残っていたが、秋の訪れとともに勢いを
失いつつあったので、えいやっ!!っと言わんばかりに引っこ抜いた。。。(えいやっ!と声にはしませんが)(^^)

 今日は良いお天気なので、葉っぱを水でさっと洗い、天日で干して水気を飛ばしまして。。。。

e0065906_1051251.jpg


 フードプロセッサーを持ち出してきまして、葉っぱとエキストラバージンオイル、クルミ、唐辛子、ニンニク、
パルミジャーノチーズ、美味しい塩、をお好みで入れてスイッチオン!

e0065906_10534241.jpg


  途中で味見をしながら、お好みの味にととのえますよ。

e0065906_10542616.jpg

 ちょっと見た目にはきちゃない色ですが、スパイシーなバジルペーストの出来上がり!!

 使い道としては、パンにつけて良し、白身魚とか鶏肉の蒸料理やタコを炒めるときに、ちょいとペーストを入れたりします。

 それだけでイタリアンになっちゃう優れ便利モノ。。。。(^^)

 それでは、瓶に詰めて記念撮影です。 瓶だけではさびしいので、傍らにバジルを添えてパシャ!!

e0065906_1101178.jpg


 保存には、冷凍がいいですよ。。。(^^)
by woodstove | 2014-09-21 11:10 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(0)

お蕎麦を求めて。。。。

 突然ですが、蕎麦を食べたくなりませんか?
それも異国の地の蕎麦を。。。異国と言っても県外ですけど。。。 (^ ^;)

 今回は岐阜の関や美濃あたりを散策し、蕎麦を食べるといった方向でお出かけです。

 ネットで調べたそのお店。 京都有喜屋から暖簾わけした「和喬庵」

 ここのお蕎麦の変り種「有喜天そば(温/令) 980円(税込1,050円)」

 これが今まで食べたことが無い変わりモノでありますよ。
お蕎麦の上に、ふわふわに泡立てたクリームが乗っかって、そこに天ぷらがトッピング。
丼の底には、なんと糸引き納豆が隠れているんです。

 店員さんがテーブルに運んで来て「良く混ぜてから、お召し上がりください。。。」と言っておりました。
言われた通り、混ぜ混ぜしますと納豆と蕎麦が絡みます。 

 お蕎麦と納豆を同時にいただくなんて初めてですよ。

 口に運んでからの驚きは新鮮なモノでした。。。。軽い泡に包まれた、お蕎麦と納豆がふんわりとした
食感とともに喉を通り抜けるんです。。。。(^^)

 これは推測ですが、ひょっとしたらこれは所謂「まかない」ではなかろうか?!
お店の主が、納豆好きで忙しい厨房で、手早く作っていっぺんに二度美味しい!!

 お店の名前を載せているのも、お店のオリジナルであることを訴えているのではないかと。。。
勝手な推測ですが、実に美味い丼蕎麦でありました。


e0065906_6195876.jpg

by woodstove | 2014-09-15 06:20 | ちょいとお出かけ | Trackback | Comments(0)

スペアリブに秋を感じて。。。。

 そろそろ秋の気配が漂いはじめました。先日の雷雨の後は、空気が入れ替わったようで
爽やかな週末を迎えました。

 昨日立ち寄ったスーパーで美味しそうなスペアリブを見つけてしまい、急遽翌日はスペアリブに
決定となりました。


e0065906_1801495.jpg

先ずは【漬け込み液】の用意です。

    用意する材料:スペアリブ 人数分×食べる量 (^ ^;)
    
    ボールにおろしニンニクとおろし生姜を入れて、そこへ醤油をダバダバ。。。お酒、チャぷチャぷ
   みりんをたらたら。。。。さらに蜂蜜もとろりと入れておきます。

 いつも適当にやっているので正確な量がわかりません。

 で、ウチはここに韓国のお味噌「コチジャン」を入れて、粒胡椒を轢き入れ、さらにゴマ油も投入するんです。

 よーくかき混ぜて味見をして、お好みの味に整えます。。。味って好みですからね。 (^ ^;)

 大事な事を書き忘れておりました。 お肉と骨の間にナイフを差し込み、筋にもナイフを入れて切っておきます。 漬け込む液の浸透が進みますし、食べやすくなります。


e0065906_1812724.jpg

 ジップロックにお肉を入れてから漬け込み液を入れて袋の外から揉んでやります。

e0065906_1824178.jpg


 これで下準備はOK!! あとは時間が味を良くしてくれます。

 24時間後。 再びお庭にロケストオーブンを持ち出します。(ここんとこ、こればっかりですね)

e0065906_184279.jpg


e0065906_1844513.jpg

 本日は、思うところがありましてボックス型オーブンの登場です。

 オーブンで焼く前に、お肉にソースを塗ります。
そのソースは、ケチャップとソースとカラシを混ぜて作ったものです。
ピリリと辛い大人のスペアリブに焼き上げます。

e0065906_1874611.jpg

 本日もスチームパンに乗せて焼き上げます。こうすると余分な脂は落ちて、ふっくらと焼きあがるんです。

 180℃ほどで焼くこと40分。燃料は薪割りの時に出る、木っ端だけ。
電気もガスも使わず経済的。 のんびりビールでも飲みながら焼き上げます。


e0065906_18103621.jpg

 40分後の焼きあがった様子です。どうです!美味そうでしょ!!


e0065906_18112630.jpg

 オーブン料理は、下ごしらえをやったら、後はじっくり焼くだけです。
実は、お手抜き料理かもしれませんね。。。。(^^)


   
by woodstove | 2014-09-13 18:14 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(2)

鯛を頂いたイ!! oishii

 ご近所の釣り好きのオジサンから、伊良湖岬で釣った鯛を頂いたイ!!


e0065906_17522579.jpg

 どうです!このキトキトの鯛は!!

 お刺身でも良いのですが、ここはロケットストーブを使いたい! やっぱりオーブンで料理したい!!
ってなワケで、再びガーデンキッチンでの調理となりました。


e0065906_175447100.jpg


【用意するもの】 白身魚  (今回は特別に鯛)
           小麦粉       適当
           オリーブオイル  適当
           ニンニク      好きなだけ
           塩          適宜
           白ワイン      1カップ
           水          1/2カップ

           貝 (今回はアサリとパーム貝)
           トマト  大きなトマトなら1個
           パプリカ          1個あれば十分
           バジル           適当

【調理の順番】 1.あらかじめ鯛は内臓を取り鱗もとっておく。 そして塩をふりなじませておく
     
          2 次に鯛に小麦粉をまぶしておき フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて
            加熱してニンニクの香りを立たせます。

          3 そこへ先ほどの鯛を投入! 鯛に焦げ目がつくまで炒めて、フライパンから取り出します

          4 空になったフライパンにオリーブオイルで、トマトとパプリカなどを入れて炒めていきます

          5 野菜に火が通ったところに、本日の主役である鯛を投入!!そこへワインを1カップ 
            お水を1/2カップ入れて、さらにそこへタイミングよく貝類をトッピング!!
           

e0065906_1811923.jpg
 
            ここまでオーブンのドアを開けて、ロケットストーブの下からの火力で調理を行いました。

          6 いよいよオーブンで仕上げます。 約200度で貝が開くまで加熱していただきます。


e0065906_18123392.jpg

           仕上がったところに、バジルの葉っぱを乗せて彩りを整えます。
           これにて、アクアパッツァの出来上がり。

           さ~てとワインをやりながら頂きましょうかね。(^^)
by woodstove | 2014-09-11 18:19 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(0)

ロケストオーブンでタンドリィチキン。。。

 今回もまた、「ロケストオーブン」の登場です。ロケストオーブンとは、その名の通り「ロケットストーブにオーブンを乗っけたモノなんですが、 作った以上、とことん遊んで試して蹴飛ばして。。。。蹴飛ばしはしませんが。 (^ ^;)

 いろんな料理に挑戦したいと思うワケです。。。(^^)

さてと、道具の準備です。

e0065906_1935329.jpg

なんだか堅苦しい画像ですが、下手くそ写真を切り抜いて貼り付けたものです。。。わははは。 (^ ^;)

 で、今回初登場。秘密兵器が。。。兵器じゃないけど、ちょっと考えた道具がコレ!

e0065906_197519.jpg

使わなくなったテフロン加工のフライパンの柄を取っ払って、そこにステンレス製のパンチングメタル
を、浮かせるように設置しまして、フライパンには水がはられております。。。
そうです!感の良い方はお気づきでしょう!!

 「焼き」と「蒸」を同時に行うオーブンになるんです。 本来、タンドリチキンは、焼くだけで宜しいのでしょうけど、よりふっくらと余分な脂は落としたいので、このやり方を採用いたしましたとさ。。。(^^)

 さてと、先ずは鶏モモを用意します。   骨付き鶏モモ   4本

予め、鶏皮にフォークなどで、ツンツンして穴を開けておき、骨に沿ってナイフで切れ目を入れておきます。

【つけタレ液】  ヨーグルト 100cc
          すりおろしタマネギ  半個分
          ニンニクと生姜のすりおろし    お好みで
          塩 小さじ1
          カレーパウダー  大さじ1
          蜂蜜         大さじ1
          チリペッパー    お好みで

          ローズマリーがあれば、焼く前に乗せたりすると、粋な味になりますよ。

 下準備した鶏モモを、つけタレ液に、一日漬け込んで味が染みこむのを待ちます。


e0065906_19193339.jpg
 
庭に設置したロケストオーブン。すでに火がいれてあり、オーブンの中には、先ほどの水入りフライパンが入っていてお湯が沸いております。

 そこへ味付けした鶏モモを乗せていきます。

e0065906_1923776.jpg
 
 オーブン温度は200℃ぐらいかな。 ロケットストーブは電化製品と違い、だいたいの温度になるんです。。。すごくいい加減ですが、これで良いのです。。。慌てる事はありませぬ。 (^ ^;)


e0065906_19291873.jpg

 ちょいちょいオーブンの中を覗いては、 フライパンを回して熱の回り加減を調整します。
オーブンの中は、熱い水蒸気に満たされているので、ドアを開けるときは、火傷に注意です。
熱気がブワァ~っと吹き出るんです。。。(^^)

 20分ほどで焼きあがります。

e0065906_19283488.jpg
 
 どうです!! 蒸と焼きを同時に行う調理法は!!

e0065906_19302685.jpg

 
お肉がふっくらと焼き上がり、ジューシーな仕上がり。

本場のタンドリチキンとは、やや異なりますが、お味はヨロシイ。

スパイシーな味わいにビールが進む事、うけあいます。。。。。(^^)
by woodstove | 2014-09-05 19:36 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(2)

ロケットストーブでパエリアを。。。

 今日はお庭でウチゴハン。 ロケットストーブを持ち出して、銅製パエリア鍋(自作なのね)で、お料理です。 火力が強いので一気に沸きあがります。そんな時はお鍋を煙突側に引き寄せて、アルミホイルでカバーして中火にして蒸らします。。。程よく水分が飛んだところへ、パーム貝とエビを投入。さらに加熱して炊き上げます。お米の硬さはお好みで。。。。ロケストパエリアの出来上がり。(^^)

 その様子を順を追ってご紹介いたします。

e0065906_198162.jpg

 本日の火器ユニットです。 テーパー状になってる部分がロケットストーブなんです。
そして噴射された炎はテーブルの中を通って左の煙突から排気されるって言う、シンプルな構造です。


e0065906_19101737.jpg

 予めニンニクとオリーブオイルで鶏肉を炒めます。次にタマネギを入れて炒めていきます。さらにお米も
投入して過熱していきまして、そこへ下ごしらえして作ったスープを加えて炊き上げます。
このスープですが、サフランやら何やら。。。いろいろお好みで作っておきます。(^^)


e0065906_1915282.jpg

 パエリアは焚き火で作るとされてますが、焚き火ですと熱が風で逃げてしまったりします。
以前は、炭火でやってましたが、もうひとつ力不足でありました。
 そこで登場したのが、ロケットストーブであります。
これなら、焚き火の時の煙で煙たくなることも無く、強い火力で炊き上げられるワケですね。
 
 ならばロケットストーブの上に直接お鍋を置いて調理すればイイじゃんと仰る方もお見えですよね。
直火ですと、確かに火力は強いんですが、中火、弱火の調整が難しいし、何と言ってもお鍋の
底が煤で真っ黒けになるんです。後で洗うのも大変ですよ!!


e0065906_19224192.jpg

 さあて! そろそろ水分が飛んで煮詰まりつつあります。


e0065906_19224242.jpg

 ここで、トッピングのエビや貝類を乗せてからアルミホイルなどで蓋をして蒸らしに入ります。少し弱火が良いので、お鍋を煙突側に移動します。


e0065906_19245072.jpg

  10分ほどの蒸らし加熱で、トッピングにも火が通り完成です。。。。あ!レモンを乗せるの、忘れて
ました。。。。ここにレモンの櫛切りを乗せると、よりいっそう美味しく見えますよね。。。。(^^)

 次回は、ロケットストーブでタンドリチキンかな? (^^)
by woodstove | 2014-09-03 19:28 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(2)


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新のコメント

岡野さん 画像を送ってく..
by woodstove at 07:03
茨城に住んでおります。写..
by 岡野 幸枝 at 21:28
岡野さん 一度拝見できま..
by woodstove at 06:53
こんにちは。 IHクッ..
by 岡野 幸枝 at 20:11
渡辺さん 嬉しいコメント..
by woodstove at 06:37
BBpinevalle..
by woodstove at 08:08
こんにちは。 それは良..
by BBpinevalley at 07:05
BBpinevalle..
by woodstove at 20:48
お久しぶりです。 フィ..
by BBpinevalley at 18:38
みゅうさん コメントを..
by woodstove at 21:20

最新の記事

工房のお引越し
at 2017-10-22 08:31
うれしいお便り
at 2017-04-21 06:59
冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38
手前味噌を作る週末。。。
at 2017-01-14 18:03
ロケットストーブのモデルチェ..
at 2017-01-11 06:59

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2017年 10月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
more...

フォロー中のブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっ...
PADDLER'S LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(214)
(204)
(203)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧