<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ウェルディングショー2006

 つい先日の事だが、「ウェルディングショー2006」なる展示会へ出かけた。
場所は名古屋の金城埠頭(別名:ポートメッセと言うらしい)

 ここ数年、行かなかったが、現在使っている溶接機の具合がよろしくナイので
ここは一発、最新型でも見てやろうと思い出かけた。

 第二東名となる湾岸線は空いていたので、予想より早く着いてしまった。
開場まで30分もあった。(-_-;

 で、あたりを見回すと、およそ熔接とは関係無さそうな若いジョシが列をなして
通り過ぎて行く。向かうところは別の展示会場であった。

 ここはやっぱりキッチリ確認をしなければならないと判断し、そのジョシ達の向かう
方向を目指して歩いた。

 ジョシの皆さんは全員、コロコロ転がる車輪の付いたバッグを引きずっていた。

 どうやら、ウチの娘も夢中になってるコミケのようである。正確には「コミケ」は
東京で開催される固有名称らしい。だから、この日の名古屋で開催されるのは「コミック・ライブ」と看板に記されていた。

 しかし、どのジョシも何か不思議ちゃんぽい雰囲気を持っていた。
僕のようなオヤジの住む世界とは次元も違い、立ち入るスキさえ見せないのだ。
 
 中には、男子の姿もあったが、やや小太りである。
いわゆる「オタク」と呼ばれる人達であろう。僕のようなフツウのオヤジが
うろつく場所でないと辺りの空気に押し出されるように、その会場ロビーを後にした。

 ようやく本日の目的の「ウェルディングショー2006」の会場にたどり着いた。
目指すは、最新の溶接機である。僕のような人間をきっと「熔接オタク」と呼ぶので
あろうと思ったりした。(~_~)

 いやはや、今時の溶接機もデジタル全盛でありますよ。
出力される電流と電圧がデジタル回路でもって、安定するらしい。
それとワイヤー送り装置も4輪駆動となっており、これまたスピードにブレが
無いようだ。 まぁ、熔接に関する説明など、フツーの人には興味が無いようなので
割愛しますが。。。。。

 この熔接に関する展示会に来てる人達がまた、一目で鉄工関係及び熔接関係に
席をおくものと解ってしまう。

 どちらさんも長年の熔接経験から、歩き方やそのやや前傾姿勢と、熔接ヤケをした
肌の色、そしてさらに言うならば「匂い」までもが鍛冶屋のモノでありました。
 そおいう人達が一同に集まる展示会も、先に書いたオタクの人達から見たら
きっと異様なモノに感じてるだろうなぁ〜などと思ったのでした。
by woodstove | 2006-04-28 17:58 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(8)

4月22日は。。。。

 長期にわたり制作してきたトピアリーのお披露目の日なのです。

 今日、名古屋入りした皇太子さまが、明日は一宮の国営木曽三川公園で
「みどりの愛護」のつどいが行われ、全国からの功労者の授賞式典が行われるので
あります。(私は受賞などされません。。。)(^O^;)\(ーー;)バキッ

 でもってここは「138タワーパーク」と言いまして、高さ138メートルの
展望タワーがあり、そこからトピアリーを眺めていただくそうです。

 なんで「138メートル」なのかと言いますと、「イチのミヤ」で「138」
となったダジャレで作られたモノでありました。。。

http://www.kisosansenkoen.go.jp/index.html
これが公園の公式サイトです。
by woodstove | 2006-04-21 18:02 | Trackback | Comments(8)

インドな休日

 思えば久しぶりの休日だ。1月の末あたりから休む事無く仕事ばかりしていた。
しかしカラダに染みこんだ「仕事漬け」モードが抜けてない。朝から部屋の片づけやら
買い物にじたばたと走る。

 当然、最近は運動不足にもなっている。だから今日はスポーツジムに出かけて
ドバッと汗をかいてやろうと考えた。スタジオのプログラムに目をやると、ちょうど
午後1時あたりから「パワーヨガ」というレッスンがあった。これまでにフツーのヨガ
のレッスンは受けた事があった。今回のパワーヨガとはいかなるモノか興味が湧いた。

 ヨガのインストラクターは若く美しい女性であった。
レッスンが始まって5分ほどしたところで汗が出はじめた。心拍数はさほど上がらない
が、筋力と柔軟性を要求される動きが中心で、怠けたカラダには非常にこたえた。

 レッスンが終わり、引き続きインド方面へと向かう。
スポーツジムから歩いて2分ほどのトコロにインド料理「モーティ・マハル」がある。
ここは、休日ともなるとインド方面の方達で満員となる。調理も給仕もお客もインド方面の人達で溢れている。日本人と言えば、僕と妻だけだ。どっぷりインドなのだ。

 はじめてこの店に来たときの事を思い出す。
日本語に不慣れな店員が注文を聞きに来るが、うまく通じない。
「カライ あまい どっち?」とカタコトの日本語を繰り返すだけである。
取り敢えず本日のランチらしきものに指をあて「カライの」と言ってみた。
 店員は了解し、カウンターの奥にいる料理人にオーダーをインド語で伝えた。

 そして出てきたカリーは、この世のモノとは思えない地獄クラスの辛さであった。
ひとくち口に運んだカリーで飛び上がった。汗は全身から吹き出し、目に汗が入り
目も痛い。 クルマにタオルを取りにいき、汗を拭いながらのランチであった。
このカリーこそ、この店の最高ランクに位置する「20辛」であった。

 そんな痛い記憶もあって、本日は「7辛」にとどめた。。。。
がやっぱり、ヨガの後のカリーはカラダが反応してしまうのです。
額から汗が吹き出した。。。。

 隣のテーブルには、インド方面の青年と若い女性が食事をしていた。
青年は大盛りのカリー・ライスを右手で器用に握り、ゴルフボールほどの団子状態に
してから口に運んでいた。指に付いたカリーも口に入れてキレイにしていた。
僕は子供の頃から今でも、指についた食べ物をなめたりすると、怒られてますけど。。。

 さて、この「モーティ・マハル」にはもう一つの顔がある。
この日本で映画を作っていたりする。昨年は映画ロケのためにお店が長い間、
休みであった。 

 その映画がDVDになっていて貸し出しをしているようなのだが、本日は
オーナーが不在のため借りる事はできなかった。次回は借りてみたいぞDVD。。。
踊るマハラジャのような映画なのか?店内のテレビはいつもインド映画を上映して
るしなぁ。。。。歌って踊るインド映画。。。。不思議で一杯のモーティ・マハル。。
by woodstove | 2006-04-16 19:00 | 日々の出来事 | Trackback(2) | Comments(6)

商店の看板のオーダーがありました。

三河屋◆しょうすけ◆です。

 久しぶりではありますが、商店さんからの看板の依頼があった。
ここは立体看板が良いのではと思い、画策中。。。。。

 看板と言えば、僕の住む家の近所のレストラン。
あんまり素敵とは言えないレストラン。 だけどレストラン。。。。

 「ビーフテーキ」と書いてあるレストラン。(ビフテキだろが!)
などと言いつつ、もはやビフテキも死語になりつつある。

 おまけにその隣には、カワイイ豚がマントを着けて、スーパーマンのように
両手をあげて飛んでいたりする。豚である。。。。ギュウ(ウシ)ではない。

 いったいこのレストランで出る料理ってなんであろうか?!
謎の多い看板だけに、ついつい行きそびれていたりする。。。。
by woodstove | 2006-04-15 21:50 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(4)

薪ストーブを創り出す。

 今年も薪ストーヴの制作が始まります。
年内に3台か4台の予定です。 鋼板を使った薪ストーヴですが、最近の薪ストーヴ
に関するユーザーさんのHPをながめていますと、鋼板の薪ストーヴは寿命が短いなどと書いてるページがあって苦笑してしまいます。 鋼板とは言え1ミリや2ミリのモノは、やはりその寿命は短いと思われます。

 主な構造体に9ミリの厚さの鋼板を使用すると、その蓄熱容量とその強度は、鋳鉄製よりも頑固な性能を持たせる事が可能なのです。

 より自由で楽しい薪ストーヴの設計を求められていますので、今年も忙しくなりそうです。ことクッキングストーブにも課題があります。海外からの輸入モノは、その性能を、クッキングに特化しているようで、暖房には不向きと言った報告があります。

 日本においては、暖房もクッキングも両立すべきではないでしょうか。
ただし、夏場はクッキングは寒冷地以外ではできません。

 冬季のみの薪ストーヴとなりますが、このほうが燃料の消費を少なくできると考えております。 これから設計図と、にらめっこの日々が続きます。またまた休日が無くなってしまいそうです。。。。。(~_~)
by woodstove | 2006-04-09 17:59 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(16)

薪ストーヴを作る日々のはずでしたが。。。。

昨年の暮れあたりから始まったトピアリー制作も、本日にて完了となりました。

 本来なら薪ストーヴの制作日記をアップすべきでしたが、約4ヶ月に渡る制作
でしたので、薪ストーヴの制作はお休みでありました。

 昨日、4トンのトラック6台に、トピアリーのフレームを積み込み、本日6日の
早朝より自宅を出発し現地にてトラック軍団と合流。

 そして設置作業です。多くの作業員の方といっしょに組み立てでありました。
現場から見える周囲の桜が満開とあって、日が高くなるにつれ花見客もどんどん訪れ
賑やかな花見を横目に見ながらの作業でありました。。。。
e0065906_180776.jpg

そして午後には、カモのトピアリー総勢5体が並んだのでありました。

 イメージしたとおりのスケールで完成しておりました。
これから植裁のプロの人達によって植物が植えられてトピアリーとなるんです。

 そこで残念ですがトピアリーの画像は、まだ公開できませんのでしばらく
お待ちください。m(__;)m ハハァーペコリ!
by woodstove | 2006-04-06 18:05 | モノ作り | Trackback | Comments(2)


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

岡野さん 画像を送ってく..
by woodstove at 07:03
茨城に住んでおります。写..
by 岡野 幸枝 at 21:28
岡野さん 一度拝見できま..
by woodstove at 06:53
こんにちは。 IHクッ..
by 岡野 幸枝 at 20:11
渡辺さん 嬉しいコメント..
by woodstove at 06:37
BBpinevalle..
by woodstove at 08:08
こんにちは。 それは良..
by BBpinevalley at 07:05
BBpinevalle..
by woodstove at 20:48
お久しぶりです。 フィ..
by BBpinevalley at 18:38
みゅうさん コメントを..
by woodstove at 21:20

最新の記事

うれしいお便り
at 2017-04-21 06:59
冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38
手前味噌を作る週末。。。
at 2017-01-14 18:03
ロケットストーブのモデルチェ..
at 2017-01-11 06:59
小学校で防災訓練
at 2016-10-21 19:01

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっ...
PADDLER's LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(214)
(204)
(202)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧