カテゴリ:薪ストーブ制作( 161 )

ロケットストーブのユーザーさんを訪ねて。。。

 少し前に納品させていただいた、ロケットストーブ。
それも、特注品で今作っているものとはデザインも機能も違います。

 その後の様子を追跡すべくお宅訪問でした。


e0065906_2119446.jpg

 これが、現在の仮住まい。 これから大きな、お家を作るんだそうです。


e0065906_21202499.jpg

 このように生活の道具として、活躍してくれているのを確認しました。

 嬉しい限りです。。。。(^^)
by woodstove | 2014-03-02 21:21 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(0)

ロケットストーブの燃料をペレットにしてみたら。。。

 薪の代わりにペレットを使用すれば、薪の入手に苦労している方も安心して使用できますよね。

 そこで、燃料カートリッジを製作して試運転です。
約2リットルのペレット燃料を燃焼口にセットして点火です。

 その様子を動画にまとめましたのでご覧くださいませ。


 ペレットでの燃焼で気がついた事は、実に安定した燃焼状態が継続しました。
2リットルのペレットが1時間ほどで燃えてくれました。
これなら調理をするにも、燃料を途中で補給することなく安心ですね。(^^)




by woodstove | 2014-01-25 18:47 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(2)

ロケットストーブのデザイン変更

 昨年から進めております、「ロケットストーブ&ホットテーブル」の
デザインが少しだけ変更となりました。
e0065906_08452456.jpg

大きな変更はありませんが、以前の画像には、燃料投入口に扉が
ありませんでした。 あえて、扉のあるものをアップいたいました。
e0065906_08070502.jpg
さらにオプション装備が追加されました。
e0065906_08391170.jpg
取り外し可能なサイドシェルフです。
e0065906_08405443.jpg
脱落防止のためのロックパーツもご用意しました。
e0065906_08401846.jpg
燃焼速度をコントロールするために。煙突に回転式ダンパーもご用意いたいました。

詳しくはこちらへどうぞ。(^^)

by woodstove | 2014-01-19 08:44 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(0)

丸窓の薪ストーブ。。。

 これまでの過去のブログを紐解いてみましたら、丸窓の薪ストーブの
紹介記事がありませんでした。  まあ、試作と言うこともあって記事にしなかったのかな?

 なにはともあれ、丸窓の薪ストーブに関して多数のお問い合わせをいただいておりました。
試運転の結果は良好で、実用に耐える性能をもっており、お嫁に出しても恥ずかしくない
出来栄えとなっておりました。

 この度、Facebookで知り合えた方からお便りがありまして、「是非とも丸窓のストーブが見たい!!」との事でした。 

 時は、年の瀬迫る12月28日。
丸窓の薪ストーブに煙突をセットし火を入れてご見学となりました。

 その様子は、「たつやの感性見聞録」というブログに紹介されてますので
お時間がございましたら、立ち寄ってくださいませ。

 その丸窓の薪ストーブの動画もありますので、こちらも宜しければ見てくださいね。。。(^^)





by woodstove | 2014-01-12 16:56 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(0)

『鉄の仕事屋』2013

 2013年もあと少しを残すところとなりました。
『鉄の仕事屋』も昨日28日で仕事納めとさせていただきました。
新たなるスタートは、1月6日よりとさせていただきます。

 さて、先日の事になりますが、本年最後の火入れを愛知県蒲郡市において行いました。
お客様にとりましては、待ちに待った「森のストーブ」です。
 
 薪ストーブ本体から、真っ直ぐ屋根を抜け、垂直に伸びた煙突です。
ストレスの無い設置となりました。

 まずは取り扱いの説明をさせていただきました。。。その様子は、オーナーさまの
奥様がビデオにて収録です。 カメラを向けられるとやはり緊張しますよね。(^^)

 いよいよ火入れとなりました。
炉に薪を組み上げ、オーナー様の手によって点火!!
上手くいくとは分かっていても、いつも緊張してしまいます。。。。 (^ ^;)

 小さな火が、やがて大きく勢いを増して、炎は煙突へと吸い込まれていきます。
煙突が暖まれば、巡航運転へと切り替え、薪ストーブとしての存在感が現れます。


e0065906_831735.jpg

 炉台は段差も無く、大きく広い造りになっており、使い勝手も良い環境と
なっております。 これから永く始まる薪ストーブのある暮らしにとって
このような配慮が一番大切だと考えております。


e0065906_8304128.jpg
 
 これから、この森のストーブから、どんな料理が生まれるか、とても楽しみであります。
by woodstove | 2013-12-29 08:33 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(2)

ロケットストーブのご紹介。

 最近、お問い合わせが多く寄せられて嬉しく思っております。
世界で話題になっているロケットストーブ。 燃料が少なくてもお湯が沸くとか
排気もキレイだとか、いいことずくめで紹介されるロケットストーブ。

 従来の薪ストーブと比較されることが多いのですが、やはりこれは別物だと
考えております。それぞれに一長一短があるわけで。。。。(^^)


e0065906_753559.jpg

 これはヤカンやお鍋を、直接五徳に載せて加熱するタイプです。
お鍋が一個しか置けません。

 そこで、クッキングストーブのように天板を作ってみました。

e0065906_771621.jpg

 これなら、複数の器を乗せて料理ができますよ。
テスト運転では、天板のホットプレートは400℃を超える温度になりました。
高温調理もできるんです。


動画もありますので、ごらんになってくださいね。

http://youtu.be/jGRLWzec_K8
 このロケットストーブへのお問い合わせは、こちらへどうぞ。
http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

又はメールでお願いします。 showsuke@katch.ne.jp
by woodstove | 2013-11-18 07:11 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(2)

ロケットストーブ試作。。。 Rocket Stove Mass Heater

ロケットストーブには、昔から興味があり、これまでも試作を重ねてきましたが、
昔、Youtubeにアップした動画を見に行ったら、なんと12万アクセスを超えておりました。
それほどに関心が高いのですね。 そこでもう一度造ってみることに。。。。(^^)

http://www.youtube.com/watch?v=EAw0AS89Tv8



軽量化とスリム化をテーマにして完成させました。
by woodstove | 2013-11-03 09:06 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(4)

火入れのシーズンとなりました。

 先週は、薪ストーブの設置が完了したお宅2軒の火入れを行いました。


e0065906_1921773.jpg

 こちらのお宅は、リフォームを機に薪ストーブの導入を行いました。
炉台の強度は、鉄骨ビームによって強固に受け止めております。 
 
 クッキングストーブでは、煙突のドラフトが重要視されます。
ドラフトが弱いと、その能力が発揮されないばかりか、満足のいく運転が出来ない事もあるんです。 

 最低でも薪ストーブの熱源から4.5メートルの高さがあれば、必要なドラフトが生まれます。
そのための計算式もあり、あらかじめ数値でも確認を行います。
 
 それ以外にも、周囲の環境も考慮にいれておかないと、良い結果は生まれません。
薪ストーブ設置の際のプランニングは大変重要ですので、是非経験豊富なプロに
ご相談願います。


e0065906_19291730.jpg

 さて、こちらのお宅では、これまでペレットストーブをお使いということでした。
リビングとキッチンがワンフロアといった大空間であります。 ペレットストーブの能力を、はるかに
超える吹き抜けのある空間でした。 

 奥様からは「ペレットでは、いくら焚いても寒かったんですよ」と
言ったお言葉をお聞きし、このクッキングストーブをお勧めいたいました。
 
 これまでも寒冷地の家屋の大空間を暖めてきた経験があり、このストーブなら快適な
冬を過ごせると感じました。 リフォームを行う工程に炉台の設置もあり、ストーブ背後の床には
外気導入キットを設置いたしました。これで、キッチンの換気扇を使用しても、煙の逆流は
起こりません。

 このような僅かな配慮で、快適な薪ストーブライフが保たれるのです。(^^)
by woodstove | 2013-10-24 19:40 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(10)

最初の一台目。。。。。

 薪ストーブを初めて作り出してから、今年で21年になります。

 ほんとうに、あっという間の21年でした。 と言うことで、久しぶりに最初の薪ストーブに
会いに、愛知県豊田市の旭地区のお宅を訪ねたのでありました。

 平日とあって、高原の観光客もまばらです。
さっそく、ヤギのお出迎え。。。(^^)

e0065906_17591817.jpg


 こちらには、馬やウサギがいたりと、賑やかであります。

 さっそく薪ストーブとご対面。

 塗装は、使い込まれて傷みはあるものの、本体に異常はありませんでした。
表面の汚れをふき取り、耐熱塗料をタッチアップです。


e0065906_1821226.jpg

 この初めての薪ストーブには、さまざまな思い出が詰まってます。
軽井沢の佐藤ストーブさんをお手本にしたんですが、その製法は手探りでした。
本当に造る手順に苦労させられました。 内部の作りこみでは、手が入りにくい場所での熔接ですとか、
メンテナンスを行うための、点検口ですとか、作りながら考える日々でした。
 排気塔には、製昨年の1992が刻まれております。 まだまだ現役でいてくれる頼もしい一台であります。

 そして今、初代のスタイルから進化を続け、このような姿になっております。
この画像は未塗装であります。 鉄板の厚さを見直し、製法も見直しこの姿にたどり着いたのでありました。

e0065906_18321420.jpg


 またこれからも、新しいスタイルを求めて造り続けてまいります。
どうぞ宜しくお願いいたします。(^^)
by woodstove | 2013-10-09 18:34 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(2)

今日も薪ストーブ作りは続きます。

 野菜の話題が多くなりがちな、このブログですが、工房では
薪ストーブ作りが続いております。。。。。 (^ ^;)


e0065906_8414126.jpg

 このストーブは、高気密住宅に対応した構造になっております。
外観からは、その燃焼構造はわかりませんが、室内の空気を使わず、外気だけで燃焼を
行います。

 さて、そのお宅の煙突工事を行いました。
煙突の施工は、名古屋の日本暖炉さんによって行われました。

e0065906_8464033.jpg

 煙突の付け根にご注目願います。 今回はヨツール製のフラッシングを使用しております。
実物を拝見するのは、私も初めてです。 その材質は鋳鉄製で、堅牢そのものであります。
屋根の勾配にフィットさせる機構も目から鱗が剥がれ落ちるアイデアですよ。

 そして瓦屋根に対応すべく、雨仕舞いは鉛のシートです。フラッシングとの相性も抜群です。
これなら雨漏りの心配もありません。。。(^^)

 現在の工房へ移動しまして。。。。(あっちへ行ったり、こっちへ行ったり忙しいですね)

 まもなく完成を向かえる薪ストーブです。
昨日は、お客様にお越しいただき、薪ストーブの組み立てを体験していただきました。
もちろん、熔接などの工程はお手伝いしていただくわけにはイキマセン。
ボルトやナットでの、部品の組み付け作業です。

 今回は、テーブルトップにマウントされる、メインダンパーボックスの取り付けと、
サイドシェルフの組み付けです。

e0065906_856720.jpg

 螺子を締め付ける力加減などを、お客様の手で感じていただき、これからの薪ストーブライフの
中で、その構造を学んでいただくのは、とても良いことだと感じました。


e0065906_8584243.jpg

 まだ耐熱ガラスが入っておりませんが、これで本体の組み立ては完了です。
もう少し涼しくなったら、試験燃焼を行う予定です。その時もまた、お客様の手で火入れを行う
予定であります。
by woodstove | 2013-09-08 09:02 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(4)


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

岡野さん 画像を送ってく..
by woodstove at 07:03
茨城に住んでおります。写..
by 岡野 幸枝 at 21:28
岡野さん 一度拝見できま..
by woodstove at 06:53
こんにちは。 IHクッ..
by 岡野 幸枝 at 20:11
渡辺さん 嬉しいコメント..
by woodstove at 06:37
BBpinevalle..
by woodstove at 08:08
こんにちは。 それは良..
by BBpinevalley at 07:05
BBpinevalle..
by woodstove at 20:48
お久しぶりです。 フィ..
by BBpinevalley at 18:38
みゅうさん コメントを..
by woodstove at 21:20

最新の記事

うれしいお便り
at 2017-04-21 06:59
冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38
手前味噌を作る週末。。。
at 2017-01-14 18:03
ロケットストーブのモデルチェ..
at 2017-01-11 06:59
小学校で防災訓練
at 2016-10-21 19:01

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっ...
PADDLER's LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(214)
(204)
(202)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧