Rocket Stove Mass Heater 剪定枝や竹を燃料にしたロケットストーブ

表題がたいへん長くなってしまいましたが、その名前の通りのストーブを作ってみました。

 『Rocket Stove Mass Heater 剪定枝や竹を燃料にしたロケットストーブ 』
僕の住む田舎には、梨農園が多くあり毎年大量なる剪定枝が排出されます。
それを燃料に出来ないかと試行錯誤をしております。

 動画はちょっと謎めいた雰囲気になってますが、気になさらないでくださいね。(^^ゞ



 ロケットストーブにオーブンが組み込めないかと模索をした結果
上記のようなスタイルになりましたが、まだまだ改良が必要です。

 使用する枝は8時間で16㎏ほどの消費になりました。
枝の直径は25ミリ~35ミリ程度のモノです。

 オーブンの温度も250℃まで上げる事ができましたので、まずは
第一ステップを踏んだと言えます。次は横引き煙突がドコまで伸ばせるか?
また、増殖する竹林対策において、竹を燃料に出来ないかとも考えております。

 このような実験と検証を続けております。
by woodstove | 2011-11-22 18:17 | 薪ストーブ制作 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://woodstove.exblog.jp/tb/16932797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by terama at 2011-11-23 21:20 x
とうとう『1 Rocket Stove Mass Heater 土壌蓄熱式輻射床暖房用
竹燃料専用ロケットストーブ 燃料タダ』が、できたのですね(^_^)ニコニコ

さすが、本職の方は仕事が早いですね。
しかも、ロケットストーブにオーブンまで組み込んでしまうとは
予想外でした∑q|゚Д゚|pワオォ!!

謎めいた雰囲気の動画もまた良いですね(^_^)
でも、早く細部の様子を見てみたいので、次回はカラー動画で
細部の仕組み(竹の燃焼状態、空気流入部、多段式ロストル、ヒートダウナー
直下のアッシュポット状況(灰受け)、オーブン周りの灰貯まり状況、
横引き煙突部で不完全燃焼ガスが液化した粗木酢液が発生していないか等)を
詳しく見せてくださいね<(_ _)>

早く竹を燃やした時に熾きが貯まらずに、燃やせるのかを動画で見てみたいです。

横引き煙突をオーブン付きでどこまで延ばせるのかにも興味があります。
もっとも、予想外に短か過ぎて排熱回収できないときは、
単にヒートライザー(内蔵燃焼塔)を高くすれば良いだけなんですけどね。
Commented by woodstove at 2011-11-24 12:41
Teramaさん お世話になります。
どうにか形にはなりましたが、検証作業を続けなければならない
ようです。剪定枝でのテストは良好でした。これから竹での燃焼テ
ストに入ります。
現在、本体の天板で最も温度の高い場所で300℃を超えて
おります。ヒートライザーの真上ですね。
本体から出た煙突の表面温度( 2メートルほど行った場所)
では、50℃になっております。
オーブンを組み込んだせいで、本体内部での熱交換が積極的に行なわれているようです。

詳細がわかる画像は、まだ少しお待ちくださいね。(^_^)
Commented by terama at 2011-11-24 20:28 x
そうですね。客観的な検証作業は良いものを作る上で大変重要な作業ですね。

これからも、失敗を恐れず新たな検証にどんどん挑戦して頂きたいと思います。

ヒートライザーの真上で300℃と言うことは、オーブンの温度を250℃
より上げたいときはヒートライザー外側を、パーライトで保温すれば
良さそうですね。その分、横引き煙突が長くなってしまいますが・・・

本体から2メートルほど出た横引き煙突の表面温度が50℃と言うことは、
畳部屋に設置できるコンパクトな土壌蓄熱式輻射床暖房用竹燃料専用
ロケットストーブの本体だけで、すでにほとんどの排熱回収ができている
ので、横引き煙突の長さを大量のスペースを消費するドラム缶式ロケット
ストーブに比べて、かなり短くできますね。

二、三気になる点があるのですが詳細がわかる
動画を待ってからにします(*´∇`)ノ
Commented by woodstove at 2011-11-25 21:08
teramaさん こん**は~。。。
>ヒートライザーの真上で300℃と言うことは、オーブンの温>度を250℃より上げたいときはヒートライザー外側を、パー>ライトで保温すれば良さそうですね。
 ヒートライザーは保温と断熱を行っております。
熱交換をより強力にするには、それなりの放熱効果の高いモノ
を設置すれば済むでしょうが、コストがかかりますね。
 横引きの煙突が邪魔な条件ですと、その辺りをもっと研究すべきですね。(^^ゞ


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

岡野さん 画像を送ってく..
by woodstove at 07:03
茨城に住んでおります。写..
by 岡野 幸枝 at 21:28
岡野さん 一度拝見できま..
by woodstove at 06:53
こんにちは。 IHクッ..
by 岡野 幸枝 at 20:11
渡辺さん 嬉しいコメント..
by woodstove at 06:37
BBpinevalle..
by woodstove at 08:08
こんにちは。 それは良..
by BBpinevalley at 07:05
BBpinevalle..
by woodstove at 20:48
お久しぶりです。 フィ..
by BBpinevalley at 18:38
みゅうさん コメントを..
by woodstove at 21:20

最新の記事

うれしいお便り
at 2017-04-21 06:59
冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38
手前味噌を作る週末。。。
at 2017-01-14 18:03
ロケットストーブのモデルチェ..
at 2017-01-11 06:59
小学校で防災訓練
at 2016-10-21 19:01

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっ...
PADDLER's LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(214)
(204)
(202)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧