瓢箪を収穫。。。。その後はいかに?!

 春から始めた瓢箪栽培です。
 壁面緑化をしていてくれた葉っぱも、今はちょっと無残な姿になっております。
ウリハムシが発生しておりまして、葉っぱが食われてしまいました。
薬を使って駆除すれば良いところですが、同じ場所にゴーヤも植えてしまった事が
大失敗!!

 ゴーヤに薬がかかるのは避けたいので、見て見ぬふりを決め込んでおりました。(汗)

 で、瓢箪の収穫です。
画像には代表選手のみを選抜しましたが。。。。ごらんの通りです。

e0065906_664014.jpg

 実はこれの他に「千成り瓢箪」も出来ていたんですが、写真を撮り忘れますた。。。。(^^ゞ

 そしてその後の作業ですが、瓢箪の茎の付いていたところに穴をあけ、割り箸で
実の中を突っつきます。その時、割り箸には土をちょいとつけて突くんです。
こうすると、中身の腐敗は早く進むのだそうです。。。。

 これが腐敗の場所。

e0065906_6125315.jpg

 左の一斗缶は先週に仕込んだモノです。
水の色が腐敗の状況を物語っております。近づくと強烈なる悪臭に襲われます。。。。(^^ゞ
 右のペール缶に、先ほどの瓢箪が仕込まれました。
画像には千成り瓢箪の姿が見え隠れしているのがおわかりでしょうか?

 そしてまもなく中身をキレイに取り出しますが、この悪臭とどう戦うべきか
思案中であります。。。。。(^^ゞ


e0065906_6192157.gif
人気ブログランキングへ
↑よろしかったらポチっとお願いしますね。。。。^^;
by woodstove | 2010-09-16 06:19 | ボタニカル・ライフ | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://woodstove.exblog.jp/tb/13235410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by n_home at 2010-09-16 07:12
お疲れさまです、たくさん生りましたね。
うちは、瓢箪収穫ゼロでした。
空洞にした瓢箪は何に加工されるんですか?
そちらのほうも、興味あります。
Commented by shogame2 at 2010-09-16 12:17
昔、実家で母が作ってました。
そうそう 見ずに浸けてね。
私も子供でしたから、この臭いニオイは本当に嫌で、瓢箪もヘチマも大嫌いでした。
それ以上は全然覚えていないのですが、
ニオイは、どうしようもないかもね〜。
残念ですが我慢でしょうか?
Commented by woodstove at 2010-09-16 12:48
n_homeさん こん**は~。。。
 下手くそ栽培ですよぉ~。。。。
前にも書いた「クビレのある瓢箪」は千成りではとれましたが、
大瓢箪ではゼロでした。。。。(^^ゞ
 さてこれからどうしましょう。。。壁に掛けるようなモノにしたいですね。
Commented by woodstove at 2010-09-16 12:50
shogame2さん こん**は~。。。
 ネットで検索すると「ひょうたんごっこ」なるモノがありますね。
酵素の力で臭いを出さないとか。。。。
http://item.rakuten.co.jp/nikkoseed/1341607/
 だけど、ちょっとそこまでしてお金を出す気になりませんわ。
もっと大量に作った時なら考えますけどねぇ。。。。(^^ゞ
Commented by ruggine at 2010-09-16 16:06
瓢箪!なんだかものスゴーーーく長い間見る機会がなかったかもしれません。
水に浸して中身を腐らせて空洞にするんですね。
これからこの瓢箪が何に生まれ変わるのでしょうか?
夢が広がりますね。
Commented by woodstove at 2010-09-16 18:25
ruggineさん コメントありがとうございます。
 イタリアでは瓢箪って見ないですか?
アフリカ原産なので、イタリアにもあると思ってました。
 さてと、これからが大変なんです。前にも書きましたが臭いとの
戦いであります。 構想だけは膨らんでますが、失敗もあるので
今は語りませんよぉ~。。。。。(^^ゞ
Commented by sandonomeshi at 2010-09-16 19:11
私は瓢箪は作ってないのですが、「臭いもの」繋がりだと拾ってきた銀杏!あれも曲者ですよね。
銀杏の果肉を洗い落として種だけにする時、私は思いっきり息を吸っておいて我慢して、手早くやってます。う〜ん、3、4回繰り返してるかな。でもこれだけの瓢箪でそんなこともできませんものね〜。^^;
Commented by woodstove at 2010-09-16 21:23
sandonomeshiさん こん**は~。。。(^^ゞ
 銀杏も臭いは辛いモンがありますよね。
瓢箪は、その腐った液が手に付いただけで、しばらくはその臭いと
お付き合いしなくてはなりません。。。。(汗)
 ゴム手袋をして、衣服はできるだけもう少しで捨てるモノが良いかも
しれません。。。ちょっと大袈裟かな。。。(^^ゞ
 また後日談を書かせていただきますね。。。。。。
Commented by nobukoueda at 2010-09-17 00:33
私も瓢箪づくりに立ち会った覚えはないのですが、なんだかものすごくくさい記憶だけはあります。
 瓢箪の液で化粧水ができなかったかしら?
こんなに大変な作業で・・・はたして・・・何になるかたのしみで~す。
Commented by thallo at 2010-09-17 02:02
woodstoveさん、こんばんは。
お~っ、すごい!こんなになったんですね。この前、「体型」の話をしていたのに、ここまで成長したなんて。
そして中を取る作業。私もやった覚えがあるんだけど、臭いまで覚えていないわ。。そんなにすごい臭いでしたっけ?
woodstoveさん、熱いのにマスクして進めていらっしゃるのよね、御苦労さま。でも作業後の写真、と~っても楽しみにしています。
↑ そうそう、ウエダさんがおっしゃっているように、化粧水作れるんじゃなかったかな?
Commented by kaede-natural at 2010-09-17 09:20
大ひょうたんはクビレを出すのは難しいんですね~。
それでも下半身××なのはいくつか採れたのでしょうか?
これはお酒でも入れるとっくりかなんかになるんでしょうかね?
こんなふうに腐らせるとはしりませんでしたよ~!驚きです!!
Commented by woodstove at 2010-09-17 20:49
nobukouedaさん コメントありがとうございます。
 ひょうたん水ってのがあるようですね。
ヘチマ水は聞いた事がありましたけど、ひょうたん水は、ここへ来て
知りました。その効能は賛否両論のようですね。。。(^^ゞ
Commented by woodstove at 2010-09-17 20:51
おごしゅさま コメントありがとうございます。
 本日、ちょっとだけ取り出してみましたが、すんごい臭いです。
なんでこんなにまで臭くなるの?!と言いたくなります!!
 どんな仕上がりになるか、まだまだ妄想中であります。。。(^^ゞ
Commented by woodstove at 2010-09-17 20:54
kaede-naturalさん 一度お試しアレ。。。。(^^ゞ
 お庭に種を撒いておけば、つるつると伸びていっぱい実をつけて
くれますよ。
 で、あのように下半身モノは1個だけでした。
あとは、おまんじゅうタイプばっかりでした。
 千成りは千個も出来ず。。。。当たり前か。(^^ゞ
しかし、素人にしてはまずまずの出来映えと言ったところでしょうね。
(^^ゞ
Commented by 苺天使ビル at 2010-09-18 18:13 x
 私も昔ひょうたんの中を空洞にすることをトライしてみました。乾いてからも臭いので香水を入れてごまかしましたが、とても酒を入れる気になりませんでした。

  少し思いついたのはショットピーニングではないですが、乾いてからひょうたんの中に砂粒を入れてガシャガシャやっていると中の層が研削されるのではないかと。

 きっとWEBで探すと良い方法がアップされてるのでしょうね。
Commented by woodstove at 2010-09-18 20:12
苺天使ビルさん コメントありがとうございます。
 そうなんです。かなり臭いのです。
あの臭いが果たして消えるのか?! それが問題です。
 まあ、別にそのひょうたんを腰にぶら下げて旅に出ようとか
考えてませんので、それほどの問題ではナイのですが、ココは
好奇心を満たすため、遊んでおりまする。。。。(^^ゞ
 ネットで調べたら「ひょうたんごっこ」なる無臭で中身抜きができる
モノがあるようです。ヤクルトが作っているらしいのですが、ちょっと
お高いので見合わせます。。。。(^^ゞ
Commented by nobukoueda at 2010-09-21 11:04
すみません。へちま水のまちがいでした^^;
へちまと瓢箪おなじかと・・・
Commented by woodstove at 2010-09-21 12:27
nobukouedaさん いえいえ、ちゃんと「ひょうたん水」もあるんですよ。 化粧水とかでは無く、お肌の治療のようですよ。(^^ゞ


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

岡野さん 画像を送ってく..
by woodstove at 07:03
茨城に住んでおります。写..
by 岡野 幸枝 at 21:28
岡野さん 一度拝見できま..
by woodstove at 06:53
こんにちは。 IHクッ..
by 岡野 幸枝 at 20:11
渡辺さん 嬉しいコメント..
by woodstove at 06:37
BBpinevalle..
by woodstove at 08:08
こんにちは。 それは良..
by BBpinevalley at 07:05
BBpinevalle..
by woodstove at 20:48
お久しぶりです。 フィ..
by BBpinevalley at 18:38
みゅうさん コメントを..
by woodstove at 21:20

最新の記事

冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38
手前味噌を作る週末。。。
at 2017-01-14 18:03
ロケットストーブのモデルチェ..
at 2017-01-11 06:59
小学校で防災訓練
at 2016-10-21 19:01
秋は落花生の季節です。。。
at 2016-09-15 18:20

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
more...

お気に入りブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっと...
PADDLER's LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(213)
(203)
(201)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧