若者の成長は眩しいですね。

 もう昨日の事になりますが、薪ストーブのお話の続きになります。

 薪ストーブの点検を終えたところに、友人の息子さんがやってきました。
現在は関西で、馬の蹄鉄師をやっているそうで、昨日は実家の馬の蹄鉄の履き替えに
やってきました。

 彼に初めて出会った時は、まだ小学生でした。
あれから20年以上の付き合いになるんですが、ここ数年は遠方で仕事をしているので
なかなかお目にかかれませんでした。

 昨日は実に偶然の再会となったのです。
そしてお馬のお仕事拝見です。。。。(^^ゞ

e0065906_5573848.jpg

 4才になるお馬さんが馬房から連れてこられました。


e0065906_559583.jpg

 蹄鉄を整えるための道具が置かれております。


e0065906_60817.jpg

 古くなって薄くなった蹄鉄を外していきます。 ヤットコとバールのようなモノで、あっという間に
外していきます。


e0065906_615592.jpg

 アンビルもこのように用意されてます。


e0065906_623510.jpg

 今回は炭火で蹄鉄を加熱しております。本当はコークス炉で加熱するんだそうです。


e0065906_643366.jpg

 伸びた蹄を刃物で削いで、さらにヤスリで整えます。


e0065906_655869.jpg

 実に早い手さばきで、作業が行われていきます。
その間、お馬さんはじっとしております。 きっと彼を信頼しているんでしょうね。
 
e0065906_695495.jpg


 最後まで見届けたかったんですが、ボクはココで帰らないといけません。
このアトにもお約束があるので、ここで山を下りることに。。。。最後まで観られなくて
残念でした。

 しかし、あの小学生が蹄鉄師として一人前の姿になっていたことが、とても眩しく感じられた
モノでした。。。。。20年なんてあっという間ですよね。。。。(^^ゞ


e0065906_6114368.gif
人気ブログランキングへ
↑よろしかったらポチっとお願いしますね。。。。^^;
by woodstove | 2010-09-13 06:12 | ちょいとお出かけ | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://woodstove.exblog.jp/tb/13219892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2010-09-13 22:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_home at 2010-09-13 22:37
20年なんてあっという間のようでも
こんなに充実した積み重ねになるんですね。

それにしても人生のご縁とは不思議なものですね。
素晴らしい体験談をありがとうございます。
Commented by woodstove at 2010-09-14 06:27
鍵コメさま コメントありがとうございます。。。。(^^ゞ
 蹄鉄は馬の蹄を保護する靴のようなモノでしょうね。
すり減ったら交換をします。これが競走馬になるとアルミの軽いモノに
なるそうです。 それと旅の情報をありがとうございます。。。。(^^ゞ
Commented by woodstove at 2010-09-14 06:35
n_homeさん こん**は~。。。
 いろんな方とのおつきあいの中で、ここでの付き合いは非常に濃いモノがありました。 
 ボクの家族も同世代の子供がいたので家族ぐるみの付き合いでした。
 遊びに行っては、馬の小屋の掃除をしたり、馬にエサやりをしたり、
たまには乗馬のお稽古をさせてもらったり。。。。(下手くそですから、
馬の調教が崩れると言って嫌がられました) (汗)
 こちらでは、馬車も作った事があるんですよ。。。。。(^^ゞ
Commented by kaede-natural at 2010-09-14 08:18
馬の蹄鉄師というお仕事があるんですか。
これは馬との信頼関係がないとできないことですよね。
お馬さんも安心してるように見えます。久しぶりの再会よかったですね~。
このご家族に出会わなければしょうすけさんは薪ストーブを
作っていなかったかもしれないんですね。
出会うべくして出会ったんでしょうね!
Commented by nobukoueda at 2010-09-14 09:15
初めての薪ストーブづくりから馬の蹄鉄というお仕事からとても興味深くは意見しました。だんだん世代は自分たちの子供の世代になっているんですね。
 ところでご実家には馬がいらっしゃるんですか?すごいですね。
子供のとき馬が飼いたいと親を困らせたこと思い出しました。^^;
Commented by まるたろう at 2010-09-14 10:26 x
20年・・・
実は先日、しょうすけさんもご存知の某氏とのやりとりで
気づいたんですが、私もしょうすけさんと知己を得て、ほ
ぼ20年に・・・。

ただ哀しいかな、
若者の成長は、眩しいでしょうが、
おっさんは、成長もしていなさそうな上に、
全然眩しくない、
ってのが難点です。(^^;
Commented by woodstove at 2010-09-14 12:31
kaede-naturalさん こん**は~。。。
 馬には飼育員さんとか調教師さんとか蹄鉄師さんがいてこそ、馬が
健全に成長するようです。 当然、愛情も必要なんでしょうが。。。。(^^ゞ
 おっしゃるとおり、ココで友人に出会わなかったら、今はまた違った
事をやっていたかもしれません。。。(^^ゞ
Commented by woodstove at 2010-09-14 12:33
nobukouedaさん コメントありがとうございます。
 生き物との暮らしは大変ですね。
今年は口蹄疫の影響もあって移動動物園の仕事も、自粛モード
だったようです。
 あ、馬を飼っているのは、この友人です。その息子さんが蹄鉄師
なんであります。。。(^^ゞ
 僕が小さかった時、ロバのパン屋が来ましたよね。。。
nobukouedaさんも記憶があるのでは。。。。(^^ゞ
Commented by woodstove at 2010-09-14 12:37
まるたろうさん こん**は~。。。
 そうですよね、こちらの方面でも20年になりますわね。。。
確かにワシラはもう枯れてますもんね。。。。まるで老木。。。
枯れ枝にウグイスでもとまってくれればイイですが、それもナイですわね。。(汗)
 10月のご来日、楽しみにしております。。。。(^^ゞ
Commented by sandonomeshi at 2010-09-14 22:51
そういう出会いってあるもんですね〜、人生には。
ところで蹄鉄師って全く別の世界のようで「鉄」という繋がりがありますね。その息子さんも何か出会いがあって蹄鉄師の道を選ばれたんでしょうか。
Commented by woodstove at 2010-09-15 06:57
sandonomeshiさん コメントありがとうございます。
 この友人ですが、馬との暮らしを実現すべく、家族全員でここ豊田市の山中に
引っ越して来たんです。 そこで乗馬クラブを始めたのでした。
 当時はまだ、小さな馬場しか無く乗馬と言ったモノではなかったんです。 
 そんな環境で育った息子さんですから、おのずと馬との付き合い
が続いたのだと思います。。。(勝手な想像ですけど)  (^^ゞ
Commented by 誰やねんっ20号! at 2010-09-15 11:45 x
昔、岩倉に同志社大学の馬場がありました。
中学の頃のことでございます。
火に入れて赤くなったのを鍛いて成型。
もいちど焼いた蹄鉄を仕上げた蹄にあてがうと焼けて煙が立ちます。
爪の焼ける臭いです。その後、釘で固定します。
槌で打つ時に馬は若干嫌なのか首振ってぶるるる言ったりしますが、4足全部終わるとしばらくその場で足踏みして調子を確かめる風情。
そういう作業を部活後、足腰がヘロヘロになったまんまじーっと眺めていたのが懐かしいっす。
馬場では女子大生が胸を揺さぶって訓練してるのに、蹄鉄師の仕事を見る方がイイって変な中学生だったですねぇ。
Commented by woodstove at 2010-09-15 12:33
誰やねんっ20号さん こん**は~。。。
 そうでした!岩倉の南には、同志社の乗馬部がありましたよね。
下宿から同志社高校のほうへ向かうと、歩道に馬が闊歩してましたね。 ヘンな中学生でしたか。。。(^^ゞ
ぼくもおそらくジッと見学したでしょうねぇ。。。。蹄鉄交換を。(^^ゞ


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

岡野さん 画像を送ってく..
by woodstove at 07:03
茨城に住んでおります。写..
by 岡野 幸枝 at 21:28
岡野さん 一度拝見できま..
by woodstove at 06:53
こんにちは。 IHクッ..
by 岡野 幸枝 at 20:11
渡辺さん 嬉しいコメント..
by woodstove at 06:37
BBpinevalle..
by woodstove at 08:08
こんにちは。 それは良..
by BBpinevalley at 07:05
BBpinevalle..
by woodstove at 20:48
お久しぶりです。 フィ..
by BBpinevalley at 18:38
みゅうさん コメントを..
by woodstove at 21:20

最新の記事

うれしいお便り
at 2017-04-21 06:59
冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38
手前味噌を作る週末。。。
at 2017-01-14 18:03
ロケットストーブのモデルチェ..
at 2017-01-11 06:59
小学校で防災訓練
at 2016-10-21 19:01

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっ...
PADDLER's LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(214)
(204)
(202)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧