カレーうどんは、うどん類から独立するべきだと思うのね。。。

 最近、常々思うことがある。。。。

 「カレーうどん」の所属及びその立場について考える事がある。
カレーうどんが好きで、たびたびカレーうどんを追いかけてみたりしていると
気がつくことなのですが。。。。

 カレーうどんを売りにしているお店は沢山ある。
そおいうお店では、ふつーの素うどんを食べる人は少ないと思う。

 で、昨日行った京都のお店もカレーうどんで有名なお店なのだ。


e0065906_2039238.jpg

 「しみず」というお店。 
京都の人なら、ほとんど知っているのではないだろーか。
平日の京都に行く機会があれば、できるだけ立ち寄る事にしている美味しいお店なのです。


e0065906_20421142.jpg

 小さなお店だから、この日も満席で、外で待つ。
夏のカレーうどんを攻略する時の心得として、首にタオルをオススメする。
エアコンが効いているとは言え、カレーの刺激は必ず発汗を強烈に促すからである。
 
 額に汗していただく夏カレー。。。。これぞ日本の夏カレー。。。うどんだけど。。。(^^ゞ


e0065906_20432510.jpg

 席が空くまでの間、お店の外にある看板なんぞを撮影する。
この看板を見るだけでも、そのお店の実力が計り知れるのだと思う。。。。と思う。(^^ゞ

 風雪に耐えてきた看板にこの店の歴史を読み取る事ができるのだ。
大昔は、どこにでもあるうどん屋さんだった聞く。
だからであろうか「丼物 一式」と書かれている。今でもメニューには丼物が並んでいるが
それらを注文する客はほとんどいない。


e0065906_20462268.jpg

 10分ほど待っただろうか、やっとお店の中に入ることができた。
壁にあるお品書きも味わいがあり、「カレーうどん」との対面の期待が高まる。

 ここで注意すべきは、先客達の食べる「カレーうどん」には視線を落とさないようにする事だと思う。
出来ることならば今日対面する「カレーうどん」だけをお初に見たいからなのだ。(^^ゞ

 そしてこのお店「しみず」の最大の魅力は、このお品書きを自由に組み合わせる事が出来るって事だ。

トップにある「カレー肉うどん」を卵とじにする事もOKであり、さらにキツネをトッピングする事も可能なのだ。
 当然の事ながら、そのトッピングでお値段は変わるが、自分用にカスタマナイズされた「カレーうどん」を
組み立てて頂けるのは実に嬉しい事だと思うのね。。。。(^^ゞ

 ちなみに筆者がオーダーした「カレーとじ肉うどん」は150円増しの850円となる。

 そしてこのお店のうどんの麺のタイプだが、讃岐とは違い京うどんと言った感がある。
讃岐が男性的であるとすると、この京うどんは女性的であると思われる。
 
 麺が丼の中で「よろし おすえ~。。。。」と体をくねらせているような誘惑に満ちた食感が楽しめるのだ。

7分ほどして、本日の作品「カレーとじ肉うどん」の登場となる。。。。なんと長い道のりであったであろうか。。。


e0065906_216662.jpg

 うどんの姿はカレーの中にあり見えてはおりません。
立ちのぼる湯気の中には、確かな鰹出汁の香りが舞踊るのである。

 割り箸を手に取り、まずは合掌。。。。そして割り箸をパチンと割り、めくるめくカレーうどんの世界に
突入するのです。
 
こうして、京の至福の「カレーとじ肉うどん」の物語は始まるのでありました。。。。(^^ゞ


e0065906_21213757.gif
人気ブログランキングへ
↑よろしかったらポチっとお願いしますね。。。。^^;
by woodstove | 2010-08-14 21:22 | 美味しいモノ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://woodstove.exblog.jp/tb/13089841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 苺天使ビル at 2010-08-14 22:28 x
 カレーうどんのルーツを探ったことがある。

「こんなものは関西に決まっている」という関東人に対抗して、「関西なら大阪かもしれないが、なんとなく関東っぽい匂いがする」と言って調べたのだが・・

 早稲田のあたりが発祥の地だという説があった。カレーとうどんという異質な物をミックスするという感性が関西らしくないと思ってた私の勝ちだった。

 ここ数年、東京でもカレーうどん専門店というのが出来ているのだが、知っているところ2軒は2年ぐらいで店じまいをしている。

 服にカレーが飛ぶので紙エプロンを用意しているのだが、それを着用して食事をするのも少し恥ずかしかったりする。また夏は暑くて汗だくになるので、オフィス街で昼食にとるには不向きな点もあるのだろう。かと言って飲んだ後に食べるには胃に重すぎるし、夜もオフィス街では売れなかったのだろう。

 やはりカレーうどんは服が汚れることよりも、安くてカロリーの高い物を選ぶ学生の食べ物なのだろう。

 一つだけ不思議に思ってるのが関東発祥だというのに、どうしてカレー蕎麦じゃないのかという点である。
Commented by thallo at 2010-08-15 02:06
woodstoveさん、こんにちは。
おお~っ、カレーうどん。私ひそかに好きなのであります。
でも素うどんも大好き!
woodstoveさん、私の待たされること7分で、早く↑の写真が見たくてたまりませんでした。だからすべてきちんとご説明&レポを読ませていただいて写真を見た時は、本当に嬉しかったです。
今度京都に行ったときに食べてみたい!たちのぼる湯気の中に感じる鰹だしの香り。。まさに求めているものですよね!
看板も時代が変わらないようで、大好きです。
Commented by woodstove at 2010-08-15 07:02
◆苺天使ビルさ~ん   カレーうどんにまつわるウンチクをありがとうございます。 カレーうどんの発祥が関東とは思いませんでしたわ。
予想では大阪の船場あたりではないかと睨んでおったんですが。。。(^^ゞ
 しかしこの「しみず」ですが、日曜日は休業なんですよ。
まあ土曜日がお休み人はいいけれど、なかなか行けたもんでは
ありません。
 服にカレーが飛ぶ件ですが、やはりこれは避けて通れませんよね。
しかしです、ここ「しみず」の麺はしなやかで、バネのような讃岐とは
違い、ハネが少ないように思われます。 そこまでハネ飛びに配慮された
カレーうどんがこれまでにあったでしょうか!!
 
>どうしてカレー蕎麦じゃないのかという点である。
 昨日、スーパーにてカップヌードルを見ておりますと、すでに定番と
なったカレーヌードルが「カップヌードル 欧風チーズカレー」となって
売られておりました。 その近くには他社の製品ですが「カレーラーメン」もありました。これまでにも「カレー煮込みラーメン」はあったと思いますがねぇ。。。。カレーの領域は広がっていくのでしょうか?
今後が楽しみですよね。。。(^^ゞ
Commented by woodstove at 2010-08-15 08:02
おごしゅさま ロンドンからコメントありがとうございます。。。(^^ゞ
 日本を遠く離れた方に楽しんでいただけるよう、「カレーうどん」の
登場をできるだけ引っ張っておきました。 是非、ご帰国の節は
お立ち寄りくださいな。。。。(^^ゞ
Commented by n_home at 2010-08-15 09:23
みなさんカレーうどんには、思い入れ一筋縄ではないんですね。 笑
うちの夫も好きですよ、カレーうどん。

簾がよく似合う佇まいです。良い風情のお店ですね。
歴史が刻まれていく看板っていいですね。
長く存在し続けるものには、物語が生まれます。
Commented by woodstove at 2010-08-15 11:56
n_homeさん コメントありがとうございます。
 時間を蓄えた看板もそうですが、昭和の素材であるデコラ貼りの
テーブルも哀愁を感じてしまいます。 今では天然無垢素材が当然の
事ながら持て囃されますが、高度成長の記憶としてこの素材が残って
いることも素敵です。
Commented by nobukoueda at 2010-08-15 17:51
ここは有名でなんとなく場所はわかるのですが、
私は実は一度もうどん屋さんでカレーうどんというものを頼んだことがなくて,食べたことなかったのですが,一度残ったカレーに和風だしでカレーうどんにしたらとてもおいしかったのですが、自己流なので、ぜひとも一度はいかなければですね。タオルまいて〜
Commented by woodstove at 2010-08-16 09:04
nobukouedaさん こん**は~。。。(^^ゞ
 この場所はご存じのとおり、植物園に近いので、野外彫刻展の時に
お出かけになんられたらと思いますよ。タオルをまいて~。。。。(^^ゞ
Commented by gyuopera at 2010-08-16 17:10
woodstoveさん、こんにちは ♪
私は寝るときいつもタオルを首にかけて寝ますが、カレーうどんを食べる時もタオルが活躍するのですね。
それにしてもおいしそう。カレーとじ肉うどんとは、肉をどんなふうに調理して卵でとじてあるのかしら?親子どんぶりのように?さらにカレーかけね。ちょっとまねしてやってみようかしら。
私の実家の町では、うどんは肉うどんと天ぷらうどん、カレーうどんの3種でした。東京に来たら、キツネとタヌキなんて、本当に馬鹿にしたようなうどんしかなくて呆れたものです。
働くようになって、オフィスの近くに「みみう」ができて、関西のうどんはなんておいしいんだろうと思いましたっけ。
Commented by woodstove at 2010-08-16 17:50
gyuさん こんにちは~。。。
 この季節のカレーうどんには、タオルは必携であります。
 カレーうどんのお肉ですが、カレールーに煮込まれている感じです。
卵は、当然フワフワとろとろの状態となっております。。。。(^^ゞ
 次回のご帰国で京都へお越しの節は、お立ち寄りくださいね。(^^ゞ


薪ストーブの制作や鉄の仕事やらの出来事日記です。


by 三河屋しょうすけ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

岡野さん 画像を送ってく..
by woodstove at 07:03
茨城に住んでおります。写..
by 岡野 幸枝 at 21:28
岡野さん 一度拝見できま..
by woodstove at 06:53
こんにちは。 IHクッ..
by 岡野 幸枝 at 20:11
渡辺さん 嬉しいコメント..
by woodstove at 06:37
BBpinevalle..
by woodstove at 08:08
こんにちは。 それは良..
by BBpinevalley at 07:05
BBpinevalle..
by woodstove at 20:48
お久しぶりです。 フィ..
by BBpinevalley at 18:38
みゅうさん コメントを..
by woodstove at 21:20

最新の記事

うれしいお便り
at 2017-04-21 06:59
冷たい雨の日曜日。。。
at 2017-02-05 13:38
手前味噌を作る週末。。。
at 2017-01-14 18:03
ロケットストーブのモデルチェ..
at 2017-01-11 06:59
小学校で防災訓練
at 2016-10-21 19:01

ライフログ


別冊うかたま 農家に教わる暮らし術-買わない捨てない自分でつくる- 2011年 04月号 [雑誌]


東海仕事人列伝 (ぴあMOOK中部)

三河屋しょうすけのHP

http://www.katch.ne.jp/~showsuke/

金沢
旅行口コミ情報

カテゴリ

全体
はじめまして
薪ストーブ制作
ロケットストーブ
ボタニカル・ライフ
美味しいモノ
モノ作り

面白いモノ
日常的ひとりごと
日々の出来事
家庭菜園
ちょいとお出かけ
犬やネコのことなど

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

今夜もeat it
gyuのバルセロナ便り ...
やっとかめ どっとこむ
フランス存在日記
さつえいだ!チャーリー!
スタジオ紡
ガタガタゴー!
Yan's diary
かたん工作日記
鉄人の鉄人は鍛鉄の鉄人・...
ヒトは猫のペットである
京都アートカウンシル
山瀬山小屋2号奮闘記!と...
オリーブとブドウ畑のあいだで
ぬるぅい畑生活
シチリア時間Blog
フィレンツェ田舎生活便り2
ヒダリテニカナヅチ
のんびりていねいに 
お菓子の森のこびとたち
石のコトバ
屋上であいましょう
エゾリスと森の仲間たち
[11+11] + (o...
ほっこリ日記
本日も晴天なり ちょっ...
PADDLER's LO...
イギリス ウェールズの自...
北イタリア自然派生活
鉄学の日々
カッラーラ日記 大理石の...
オルガニスト愛のイタリア...
オアシスの庭/ボヤントメ...
これでいいのだ?
おつまみノート
あわじしまっこ、フィレン...
ボンジュール トモコのア...
My Sweet Diary
シチリア時間BLOG 2
London Scene
カザルパロッコのネコ(C...
山の中のイタリア料理店 ...
The Moment O...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
キュートなアート
すなおに生きる
SUOMI
金属造形工房のお仕事
アメリカからニュージーランドへ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

タグ

(214)
(204)
(202)
(126)
(104)
(81)
(18)
(15)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
家庭菜園

画像一覧